From Boxer to Boxer 2
ken987.exblog.jp
SPECIAL LINK
★日常を語るDailyblog
excite_logo

★美写探求の旅 kenblog 別館
excite_logo

★ken photo blog
excite_logo

★クルマ名刺のOrder blog
excite_logo

★ワンコ名刺のOrder blog
excite_logo

★クルマ好きが集う告知blog
excite_logo
以前の記事
フォロー中のブログ
++ feel like...
てっちゃんの部屋。。。
光と遊ぶ
A Happy-Go-L...
A Story of A
foto+ing
七転び八起き
広く浅く(= ̄ー ̄)? ...
momo's Photo...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
Verdammt !
哲学の道
V70 to XC70,...
Standard Plus+
ヤッホー観察日記
WONDER PORSCHE
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
フックラインが入らない
黒鯱
シュトゥットガルトへの道
GuitarとVOLVO...
純粋に走る
■□ 四角四面 □■
あほうもん
気ままな趣味の記録
ken's photo ...
ブランド大好きおじさん
VOLVO & 4WANZ
ちこたんのわがまま日記
今日は日曜@MINI&星...
戦闘的に走れ!
::: SCENES O...
ちこたんのホフク日記
Lovely days ...
エキブロ仲間への書込専用...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
石原真理子と メイちゃん...
Cayman Islands
横浜、ディズニー、ファミ...
Unforgettabl...
kicksの趣味BOX
世界的中南美團
Club HENTAX ...
真珠色の時間。
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
70's roman
あれやこれやex
One shot deal
微力ではあるが無力ではな...
\
じじいblog
HOPE's Photo
ヘボ庵
The enemy is...
★うさぎとかえる★
Koba's World
黄 色 夢
impressive
(b)ism
ぱ~る婦人の☆お散歩日記。
CAPRICIOUS T...
P様の日記
まったり
Walking wounded
おじんのPORSCHE ...
もっと楽しく走るボクスタ...
BOXSTER(ボクスタ...
White Board -♭
車バカ!!
Porsche 911T...
?日誌
300Cな生活
きのしたのおはじき
The turning ...
コロナと共に・・・。
ココロのキューピー♪
Menage Celiy
All things t...
せりかパパのボルボな休日
Porsche 996 ...
Cafe de Kei
Cafe de kei
脳みそのさんぽ
sweet life
ボクスター はじめました
マイノリティー
人生いろいろ ~男もいろ...
Twenty-four-...
Eternal journey
Cooking kei
my favorite...
サフランイエローな旅
マイライフ・カーライフ
Working on t...
Look at the ...
//
I'M NOT A BEAR
ウナツー & ガヤツー ...
J's VOICE
Boxsterと走る
瀬戸内ケイマン便り
ケイマンと共に
Flat & Straight
Driving Side...
Pick Yoursel...
a window
うめきちとVOLVOと軽...
"Re-Design"C...
My favorite ...
自然の中で
*hiro*の Stay...
HEAVEN
オシリ大好き~
aoi*log
Bird note
モーリシャスからの贈り物
湾岸 State of ...
その他のジャンル
カテゴリ:LEXUS( 7 )
LEXUS CT200h F SPORT
a0070118_16154037.jpg
久しぶりのレクサスカテゴリーのエントリーです。
最終エントリーが2008年6月の「IS-F 6 "Lexus IS-F Circuit Experience"」ですから、約3年振りとなります。
a0070118_16154775.jpg
ディーラーにお邪魔すると Lexus IS-F に燃えていた頃の記憶が蘇りますが、今回は LEXUS CT200h.

横から眺めていると・・・しみじみ「TOYOTA」のクルマだなぁ~と。。。と思ってしまうのですが、何故かこのデザインが最近気になります。

1.8Lエンジンと2個のモーター、電気式CVT、ニッケル水素バッテリーを組み合わせたプリウスと共通ハイブリッドシステムのクルマ。
a0070118_161648.jpg
プリウスと共通ハイブリッドシステムということで燃費最優先をベースに、クルマ全体をレクサスクオリティーに仕上げてある感じです。

ここ数ヶ月で、「バージョンC」・「バージョンL」・「F SPORT」 など計4回ほど一般道・高速の試乗をさせていただきました。

プリウス試乗後に、LEXUS CT200h を試乗をするのが鉄板!

プリウスオーナーが、LEXUS CT200h に試乗すれば、必ず感動するはずです。価格が近ければさらに感動するはずですが(笑)
オーナーでなくても、プリウス試乗後なら感動します、私も激しく感動しました。
a0070118_16161298.jpg
ドアを開けたときから始まる質感の高さ、トータル的な内装の出来は、中々のクオリティーです。
a0070118_1710556.jpg
何よりも走らせた瞬間にそれとわかる遮音性の高さと、剛性の高さにカンパイ♪

ただこれは、30系プリウスと比較した場合に強く感じる印象であって、
同価格帯のクルマと比較してした場合は、「非常に惜しいなぁ・・・」と感じるところが多いのが正直な感想です。
まぁ~同価格帯のクルマで比べたところで趣味思考、価値観などがあるので一概には。。。

あえてのマイナスは・・・
インテリアで言えば、完全に他のインテリアとはアンバランスな、ナビゲーションのオヤジ仕様な文字の大きさとフォントには興醒めです、
それに煩雑に配置されているスイッチ類。。。どうにかならないかなぁ~と・・・
a0070118_17142573.jpg
メーター類はハイブリッドなのでプリウスのようなデジタルメータなのかと思いきや・・・拍手♪
面白いギミックの1つは、左に配置されたハイブリッドインジケーター。 通常モード(ノーマル/エコ/EV)は、落ち着いたブルーに。
a0070118_1714321.jpg
SPORTモードに切り替えるとタコメーターに・・・さらにイルミネーションもレッドに切り替わりココロも高まります。

タコメーターに意味があるのか?は、さておき、こんなアソビココロは嫌いじゃないです。
さらにステアリングにはパドルシフトまで付いています。。。使ってみましたが気分的に結構イイもんです。

後席・・・プリウスと比べて唯一負けているところかもしれません。。。狭いです、男性にはかなり厳しい空間だと思います。
a0070118_16161844.jpg
価格的にプリウスと比べると約150万ほど高額になるのですが、プリウスではオプション扱いの装備が、全て標準装備、さらに便利な装備も満載♪
そして3年間のメンテナンスフリーに5年保証、ヘルプネットにG-セキュリティー、レクサスオーナーズデスクなどに加え、
「レクサス流おもてなし(笑)」が加わりますが、価格換算の出来ないものも加え、価格差を埋められるかどうかは。。。

ECOな走行は評価されてポイントへ・・・累積ポイントが金額換算され日本ユネスコへ寄付される!というシステムも♪
レクサスならではのエコドライブを喜びと社会貢献に。。。何だかイイ感じかも。
a0070118_16162230.jpg
「LEXUS CT200h にLEXUS HS250h のハイブリッドシステムを!」と誰もが思うところ。
運転してみると「もう少しシステムパワーを!」と、感じる場面が多いのも事実。 でもプリウスと同じでいいのかも・・・とも思います。


「燃費最優先のクルマ選び」の場合、プリウスの販売価格は圧倒的な魅力なのですが、
見栄え最優先な4本出しマフラーが視界に入ってしまうと、4本出しに圧倒的な魅力を感じちゃったり(笑)

LEXUS CT200h でベストなグレードは何か?を妄想してみるのなら、
「ベースグレード」・「バージョンC 」・「F SPORT」・「バージョンL」 (価格順)の4種で、カスタムの幅を持っている 375万円の「バージョンC」がベストバイ。 
でもでも、真剣妄想で LEXUS CT200h を選ぶのなら、ブラックインテリアをはじめとする専用装備品が多い「F SPORT」
さらに「モデリスタのエアロで!」・・・クルマ妄想も楽しい♪



Photo : Cyber-shot DSC-WX5
[PR]
by ken-987 | 2011-04-20 17:04 | LEXUS
IS-F 6 "Lexus IS-F Circuit Experience"
a0070118_15335947.jpg
neoさんのコソ練を偵察に早朝より出掛けたのですが、何処にもneoさんの姿はなく、サーキット自体、非常に寂しい場所で何だか悲しく。。。
よーくサーキットを見渡したらココはFUJIではなく、筑波でした。。。完全に方向を間違いました(大汗)
仕方がないので同日同場所で開催されていた Lexus IS-F Circuit Experience へ参加してきました。
確か購入した Best MOTORing 4 DVD でBMW M3 に Lexus ISF が散々虐められた場所もココだったような気が(大汗)
FUJI で開催のオーナー様が羨ましいですが、関東エリアの区分けで我がエリアはココ、筑波サーキットでの開催なのでした。
a0070118_1534459.jpg
左ハンドル仕様を含めと20台を超える Lexus IS-F がオフミのようにキレイに並んでます(笑)
一応全ボディーカラーはありましたが、シルバー系の2色は少なく、やはりイメージカラーであるエクシードブルーメタリックが大半を占めていましたが、
このボディーカラーは、私からはIMPREZA WRブルーにしかみえなくて、思わず懐かしさが・・・
a0070118_1534996.jpg
約40名を2グループに分け、このプログラムを消化していくわけですが、私が組まれたグループでは納車されている方は僅か3名。
納期が極端に短くなったようですが未だ少ない Lexus ISF。 出来る事なら希望しているボディーカラー「ホワイトパール」に乗りたいかも。
a0070118_17115631.jpg
サーキット走行の前にISF開発責任者である矢口幸彦さんとモータージャーナリスト岡崎五郎さんの懇談会、焦らしプレイを堪能します!
リミッターの話やEVOモデルの話。。。中々矢口さんが答えにくい質問もオーナー様から飛び出し苦笑の場面も。
私が惚れ込んでいるISFサウンドに関して矢口さん曰く、

「Lexus = 静粛、この技術があればこそ、イイ音だけを聞かせることが出来る」 

「速さは慣れてしまうけど、サウンドに飽きることはない。 良いサウンド、心地良いサウンドはいつまでも、何回でも聞きたくなるものです」

成る程(拍手)、確かにそれは一理あるかも!
私も数回試乗してこのISFサウンドは耳タコ状態になるぐらい聞いていますが、飽きていないのは事実です。

YAMAHA音響チームの絡みもあって、ISFサウンドは実際スピーカーから出ているでは? と疑いたくなっちゃいます(笑)
人それぞれの感じ方があると思いますが、演出としては本当に感心するぐらい私には心地良く聞こえます。
a0070118_15342192.jpg
焦らしプレイとISFテストドライバーさまの走行時の注意点を聞きつつ、いよいよサーキットへ♪
a0070118_15342626.jpg
一応ヘルメットも持参していたのですが、しっかりと用意されてました(自爆)
サーキットインからアウトまで、そしてケータリングも含め、隙のまったくない Lexus のサービスには同行してもらったwhitewild氏も感動。
a0070118_15343151.jpg
サーキット走行前の儀式。。。走る前に撮る!
a0070118_15343689.jpg
実際のイメージカラーであるエクシードブルーメタリックは写真とは異なり、かなりキレイなボディーカラーで撮影していると、
エクシードブルーメタリックでもアリかな?と軽く妄想。 でも実際に光の下で見るボディーカラーで素晴らしいのはブラックでした。
a0070118_15344188.jpg
面の造りはかなり好きです、のぺ~としていないソリッドな感じで反射も楽しめそうです。
a0070118_1534478.jpg
グリルの模様というかこのグリルは。。。変更できるのなら変更したい箇所No.1かも。
a0070118_15345251.jpg
基本デザインはかなり好きですね。 気になるのはノーマルのIS よりもミラーが小さくはなったとはいえ、アンバランスに大きいミラーに少しガックシ。
a0070118_1535465.jpg
ISFテストドライバー先生の後に続いて走行♪ 狭かろうが短かろうがサーキットに出てしまえばそれはもう楽しくて仕方がありません。
走行中は、ISFテストドライバー先生から無線で走りのアドバイスが入ります、「さぁ~思いっきり踏み込みましょう(笑)」
前が詰まろうが、後続に突かれ様がGG佐藤バリに・・・キ、キ、キモティイー!

唸る様なスピード域にはまったく到達出来ませんが程よく楽しんで走行、後席に同乗してもらっていたwhitewild氏に撮影してもらいました♪
a0070118_15351590.jpg
ウナツー走行写真訓練の成果を発揮すべく、デジイチ片手に サーキットを走りながら撮る!を実践!
a0070118_15352255.jpg
実践したのが「思いっきり行きましょう!」の最終周、撮影に気が逝ってしまいオーバースピードでこの後、悲惨な目に。。。まだまだ修行不足でした。
a0070118_153528100.jpg
後半は別グループの走行を見学し、最後はISFテストドライバーさんの運転で同乗体験試乗。
ISFでの筑波の走り方をレクチャー・・・っていまさら遅いですよ、こちらの走行前にそれやってくれないと(大汗)
a0070118_15353482.jpg
やっぱり古さを感じるサーキットですね、筑波は。。。
a0070118_15354057.jpg
ISF のブリッピングサウンドを心地良く鳴らす?にはコツがあるようで、矢口さんはヒントは教えてくれたのですが鳴るには鳴るのですが中々難しい。
日本車としてスペック的には凄いクルマなのですが、何だかベクトルが同系のクルマとは違うようで、
簡易的な楽しさを味わえる? 奥深さよりもダイレクト感のある感じというか、直ぐに楽しめちゃう容易さが魅力かも。
a0070118_15354721.jpg
さすがClub HENTAX! 撮り捲ります。
a0070118_1740581.jpg
美味しいケータリングで満腹になりつつ、
抽選会では何も当選しませんでしたが、最後にプロカメラマンによるサーキット走行写真とISF Racing Concept との写真のプレゼント。
サーキットで私が乗っていたのは、偶然にも希望しているホワイトパールでした。 

Lexus 関係者様、担当販売店様、担当SC様、開発関係者様、楽しい時間を有難う御座いました。 次回は FUJI でお願いいたします(笑)
[PR]
by ken-987 | 2008-06-10 12:30 | LEXUS
LEXUS PREMIUM SPORT "F" レクサス IS-F 5
a0070118_1511992.jpg
レクサス IS-F のアイデンティティとも言える、唯一ベース車輌の IS と区別可能箇所といえば、この場所ではないでしょうか。
(えええ?「F」のエンブレムじゃないの!)
専用カタログの排気制御に用いられている写真(下の画像)ではマフラーと一体型になっているのですが、
そこに記されている注意書きでは、

a0070118_1530751.jpg
「実際のディフューザーはバンパーと一体になります」

今更なネタですが・・・バンパーと一体になっちゃうんですね。 さすが TOYOTA のクルマ、やっぱりそうなんでつね(涙)
a0070118_15111550.jpg
ありゃりゃ、ホントだ! 手を入れてもエキゾーストディフューザーとマフラーは当然のように繋がってはいません・・・解りづらいのでフラッシュ撮影で!
a0070118_15112195.jpg
マークXやLSでも見掛けますが構造的に心配、さらには汚れ的にもリトル心配になりますが、
どうやらこれがあの IS-F サウンドといわれる「聴覚に訴えるエモーショナルなサウンド」と何か関係しているようです。
(ホンマかいな???)
[PR]
by ken-987 | 2008-02-08 12:10 | LEXUS
LEXUS PREMIUM SPORT "F" レクサス IS-F 4
懲りもせず、再び LEXUS でエントリーです。
前回のレクサスIS-F の撮影現場から、「あの場所で撮影すると、どのような感じに・・・」というリクエストにお答えして少しだけ撮影してみました。
a0070118_19235859.jpg
多分、こんな感じではないかと。。。

再び懲りもせず、レクサスIS-F 撮影訓練編につづく・・・
[PR]
by ken-987 | 2008-01-29 14:23 | LEXUS
LEXUS PREMIUM SPORT "F" レクサス IS-F 3
最近、PORSCHE でもなく、ウナツーでもなく、レクサスばかりでスミマセン(爆)
ということで、レクサスIS-F 試乗編に続いては、"商談編"ではなく(核爆)、日常編です。

気になるクルマとなれば、街で良く見かけるようになります。 
それは、けしてその車両が急に増えたわけではなく、記憶にしっかりとインプットされたからだと思います。
視界に入っても記憶には残らないという状態は興味がないという状態、今までのレクサスIS ズバリその状態。
しかし今週からやたらと、レクサスIS を見かけるようになりました。 私の記憶にはしっかりとインプットです。
言葉を変えれば・・・目に留まるようになって来ました・・・ステキな傾向です。
a0070118_14441981.jpg
「おっ、レクサスISだ!」 ホワイトパールなクルマから瞬間撮影♪ ウナツー撮影訓練の成果です(笑)
a0070118_14453222.jpg
「あれれれ?? IS-F じゃん!」

今週から、とあるベイエリアで驚くぐらいにレクサス IS-F が激しい音と車線変更で走ってます、既に6台も見かけています。
仕事中なのに何て迷惑な心地良い音が響いてくるんでしょうか??その音の主を探さなくては・・・と外に出てしまいました。
何と、嬉しいことに IS-F に存在するボディーカラー6色のうち、ダークグレーマイカ以外全てを見ることが出来ました。
第1弾納車は2月と聞いていましたが、エリアによっては既に納車された方がいるのかも??どうやら違うようです。
ナンバーは品川や豊田ナンバー、試乗会でも行われているのか? ボディーカラーで悩んでいる私としては、非常に有難い環境でした(爆)
この辺りはホテルも多く試乗会の会場になることも多いので、多分あのホテルだと・・・上空から覗けばそこには何と・・・
同色のレクサス・プレミアム・スポーツカーが数台いるではないですか!!
あっ、TOYOTA のクルマで、豊田ナンバーって面白いですね♪ レクサスというご当地ナンバーはありませんからね。

そうそう、その集まっていたクルマがこの辺りで走るということは・・・
a0070118_17582947.jpg
UJさんや私が撮影スポットとして、訓練に勤しんでいる場所にいるのではないか?と早速行ってみると・・・
a0070118_1442095.jpg
見事にビンゴ!でした。 この場所のバックは小学校施設なんですが、外観が学校とは思えないステキな造りなので、
撮影スポットには最良で、最近クルマ雑誌でもこの場所は時々見かけます、何となく嬉しくなる瞬間でした。
この方々の位置からだとステキな背景をバックにクルマが撮影出来ます♪ 
どうやらメディア用の撮影やら取材等の一環で、このエリアを数日走られていたようです。 モータージャーナリストさんも発見♪

私は完全にレクサス車のストーカー、危険が危ない状態な近頃の自分にガクガク・ブルブルです。

プレミアムシルバーというボディーカラー・・・このIS 標準設定にあるボディーカラーだと、まったく 新鮮さがないというか、
IS-F だと気づくことはないでしょうね(そもそも IS を知らないかも(汗)、ましてや IS-Fなどもっと知らないでしょうね)
でもでも私は、オールタイム、特に夜間に抜群にキレイに撮影出来るシルバー派なので、このボディーカラーがイイかもです。。。
[PR]
by ken-987 | 2008-01-25 12:35 | LEXUS
LEXUS PREMIUM SPORT "F" レクサス IS-F 試乗
密かに興味がある LEXUS様より試乗のお誘いを頂きましたので、JAL週間天気予報を調べに調べて決めた日が、何と冬には珍しい雨の日。。。
たまにはこんな日もあります、コッソリと仕事を抜け出し、neoさんのように少し長めのランチタイムへ。
a0070118_2236821.jpg
納車ルームでそのクルマは待っていました♪ 本日のランチタイムのご馳走は「鰻」ではなく、真っ青なIS-F でした。
唯一のIS F 専用色となるエクシードブルーメタリックは、IS-F のイメージカラーでもあり、とてもキレイな色です。
早速、約90分の試乗へスタート! 雨の中安全運転で市街地を走り、待望の高速道路へGo!

Dレンジはジェントルな大人しい走り、Mレンジはパドルで楽しさ爆発の官能的な走り♪ 瞬時に危険が危ないスピードに!
約4,000回転からのサウンドは痺れます、さらに回せばもう一段階サウンド変化!・・・そしてブリッピングも見事にハマります。
とにかく「大袈裟」な演出ともいえるサウンドを轟かせて、十分に楽しませてくれるクルマです。。。ヤリスギかも??
サウンドを聞きたくて、無意味なシフトダウンをしてしまいます。 
a0070118_22361782.jpg
気がつけば、あっちゅーまに往路は終了。。。一旦高速を出て再び高速へ!

復路はさらに危険が危ないスピードエリアへGo!

と、Mレンジで一気に加速して合流、さらに加速・・・う~ん、気持ちイイ♪ さらに・・・と思った瞬間。。。
a0070118_22362694.jpg
瞬時に夢から叩き起こされました(大汗)、試乗で捕まったらそれは物凄く面白いBlogネタかも!!!と、0.3秒ほど妄想しましたが、
Dレンジに戻し、制限速度厳守で静かに走行、静粛性の確認ができました・・・高速試乗が台無しでしたが(涙)
ブレンボのブレーキシステムもテスト出来ましたのでOKです(爆)

変則時は「ガッンン!」と演出的ショックがきます、同乗者には不快かも知れませんが、これも派手で楽しいです。
Mレンジだと、リミッターを考慮すれば、3速4速が一番楽しくて、入って5速。。。それ以上は使いません。
Dレンジだと8速まで勝手に流れるように入ってしまうのですが、Mレンジだと使わないですね。
そしてVDIM(統合制御システム)も装備されていましたが、試乗では特に触ることもなく終了。

"LEXUS IS-F"
LEXUS そしてTOYOTAの中で、最高に楽しいクルマだと勝手に思います(全部知りませんので) 

スペック的にも色々なクルマと比較され、「速い遅い&勝った負けた」の環境にあるクルマだと思いますが、
派手さもない実用的な4枚ドアセダンで普通に使えて、それでいて高速ではそれなりに楽しむことの出来るクルマと考えれば、
値段はさておき、スポーティーなLEXUS のクルマという感じで良いのではないでしょうか。
a0070118_22363333.jpg
私がLEXUS にリトル惹かれているのは、今回試乗した IS F やディーラー内での「レクサス流おもてなし」ではなく、
実はあるシステムに物凄く興味があるからなのです。

クルマをネットワークでサポートする最新のテレマティクスサービス「G-Link」 通信ネットワークを介した様々なサービス。
ネット世代としては、知れば知るほど面白過ぎるシステムなのです。 まさに大人のオモチャです。
Bluetooth機能を持つ携帯を長年機種が変わっても使っていますが、ついにその本領を発揮する時が来ました。
LEXUS店へ戻り、車内でこの機能の1部を体感です!
a0070118_22364068.jpg
今回は専用のレクサスオーナーズデスクへ繋ぎ、近い「蕎麦屋」さんをリクエスト!1分ほどで直ぐに「蕎麦屋」を探し出し、「予約しますか?」と!!
当然、こちらの車両位置も把握されているので、膨大なデータからリクエストを瞬時に探し出すのでしょう!ステキです。

「予約は大丈夫です、場所を送ってください!」

数秒後にお店のデータが、クルマのナビに送信され、「受信しました、目的地に設定しますか?」・・・これまた素晴らしい!

目的地設定や出先での各施設の検索や予約などオーナーズデスクを介しながら色々出来るようですが、
オーナーズデスクを介さないで自ら愛車へ情報を発信することも出来るようです。
出発前のナビ設定は面倒ではないものの、手間なものです。
自宅にいながらPCから出発前に専用画面で目的地を設定して、クルマへと送信しておくことも出来ます。

ハザートやランプの消し忘れ、窓の閉め忘れ等の「うっかり」やクルマの異常、紛失に関しても、
携帯にメールが入り即対応できるようになります、
最上級のLSなどになると、携帯からのリモートコントロールで「うっかり」も即対応。

これはホンの入口ですが、テレマティクスはクルマの未来へ繋がる素晴らしいモノなので、触れば触るほど惹かれます。
「えぇぇぇぇぇ、こんな事も出来るの!!」・・・知れば知るほど惹かれます。 IS F はもはやどうでもいいかも(爆)

この機能だけください! Audi につけますから!
a0070118_22364794.jpg
試乗の後はショールームで、のんびりと。。。
a0070118_2237188.jpg
美味しいオレンジジュースを頂き、またまたのんびりと。。。気がつけば長めのランチタイムのはずが、ディナータイム寸前に(大汗)

a0070118_22371282.jpg担当セールスさんとかなりの長話。
うかつにもというか、予想外に居心地がイイかも。。。
LEXUS店は居住エリアにもあり、
そこには数回お邪魔したのですが、ココは別格かも!

でもでも、長居するとろくな事はありませんね。
別人格が妄想モードならぬ、暴走モードへ突入!
思いは、あらぬ方向へ急加速してしまい、自分が怖いです。

気がつけば、IS-F のカタログでもない、レクサスの封筒でもない
何やら怪しげな書類を挟んだレクサスロゴの物体が。。。

ご利用は計画的に・・・ 
[PR]
by ken-987 | 2008-01-23 19:35 | LEXUS
LEXUS PREMIUM SPORT "F" レクサス IS-F
a0070118_15475526.jpg
よ~やく今週から LEXUS IS-F が、LEXUSディーラーで見ることができるようになりました。 
LEXUS = TOYOTA ということで興味がまったくない方が、かなり多いような気もしますが(笑)
ココだけの話、私は密かにこの IS-F に興味があるのです。。。4枚ドア、普段使いとしてはサイズ的にもイイかも!なんて・・・
a0070118_1548854.jpg
情報ありきなので、既存のLEXUS IS との違いを見つけるのは簡単なのですが、
さほどクルマに興味がなければ、ベース車両である LEXUS IS との違いは殆どわからないレベルです。
IS-F 専用色のエクシードブルーメタリック でなければさらに見分けは困難に・・・
2台並べてみないとボンネットの「モッコシ!ワッショイ&ワッショイ!」もわかりません。
そんな見た目、目立たないプレミアムスポーツカー IS-F 、私的には何となくイイ感じです。 
地味なメガネっ娘・・・でもメガネを取り、髪を降ろせば、「えええええええええええええええっ、嘘!」・・・みたいな(笑)
クルマ自体は全然違いますが、意味合い的にはAudi A4 と S4 みたいなノリです。

エクステリアもそうですがインテリアも、 LEXUS IS 慣れ親しでいない分、「ある意味新鮮!」でもTOYOTAイズムは随所に。。。
LEXUS IS には装備されている重要な装備が、IS-F には何故かカットさせているものもあります。なんとも不思議ですが。。。 
a0070118_15481550.jpg
IS-F といえば、やっぱり「フジテレビ」のマフラ-エンドですね。「数字の8」=「フジテレビ」ということで、
「F」=「富士」、「富士」=「フジ」、フジ繋がりということで、マフラーエンドはこの形状になったのでは???あっ、そんなことはないですね。。。
エンジン始動から中々ステキな低音が響いていました。
a0070118_15482175.jpg
センターコンソール・ドアスイッチベースの室内パネルは、シルバリースターリングファイバーと呼ばれるメーカーオプションでした。
あまり特別な感じもなく、さりげなくという印象です。
a0070118_15482714.jpg
IS-F 専用の19インチの鍛造アルミホイール 複雑な立体球面でありながら、洗車し易そうな形状で物凄く魅力的なホイールでした。
装着されていたのは、さらに職人が1つ1つ磨き上げ、完成すると言われている「ポリッシュ仕上げ」のホイールで、オプション設定だそうです。
a0070118_15483334.jpg
19インチ鍛造アルミホイール(BBS製・ポリッ シュ仕上げ) フロント:225/40R19 89Yタイヤ&19×8J リヤ:255/35R19 92Yタイヤ&19×9J
価格は87,150円(83,000円)だそうです、物凄くキレイだったのでインテリア用に1つ(爆)
まったく目立つこともなくブレンボが静かにその奥に、佇んでいました(涙)
a0070118_15483910.jpg
通常のISとは異なりブルーがキレイなメーター周り。
いつもの撮影を試みましたが、自分でも珍しく激しく遠慮しまくりのアクセルへのチカラ加減で(涙)、成果は赤点レベルでした(汗)

LEXUS PREMIUM SPORT "F" ...IS F

月産40台体制に入った今でも、聞けば現在最長で、22ヶ月待ち(大汗) F様みたいですね。。。
待っている間にベース車両の LEXUS IS 自体がモデルチェンジ等、どうにかなっちゃいそうですけど(汗)
世界のTOYOTAですから、ワールドマーケット用ということで、特別な措置もなく日本への配分は多くはないのでしょう(涙)
「待つ価値のあるクルマなのかどうか???」
まぁ~そのうち前倒しになる予感も。。。ランエボにインプ、待望のGT-R、そしてIS-F と楽しみなクルマが続々と登場して、
街で見かける様になると、所有していなくても何だか嬉しい気持ちになってきます。 まずは大黒辺りで見ることになりそうですね。

モーターショーやオートサロンでは飾られている分、少々派手に見えましたが、実際に街を背景にすると思った以上に地味。。。
LEXUS 販売店の立ち上げと同時に登場したクルマでもあるので、この基本デザインは今年で3年目ですので新しさはないですね。
でもでも、その地味目な所が、私的に低めギリギリのストライクゾーンなのです 色々と都合の良いクルマということで(笑)


LEXUS IS-F パート2 「走る」へ、つづく。。。
[PR]
by ken-987 | 2008-01-14 10:47 | LEXUS