From Boxer to Boxer 2
ken987.exblog.jp
SPECIAL LINK
★日常を語るDailyblog
excite_logo

★美写探求の旅 kenblog 別館
excite_logo

★ken photo blog
excite_logo

★クルマ名刺のOrder blog
excite_logo

★ワンコ名刺のOrder blog
excite_logo

★クルマ好きが集う告知blog
excite_logo
以前の記事
フォロー中のブログ
++ feel like...
てっちゃんの部屋。。。
光と遊ぶ
A Happy-Go-L...
A Story of A
foto+ing
七転び八起き
広く浅く(= ̄ー ̄)? ...
momo's Photo...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
Verdammt !
哲学の道
V70 to XC70,...
Standard Plus+
ヤッホー観察日記
WONDER PORSCHE
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
フックラインが入らない
黒鯱
シュトゥットガルトへの道
GuitarとVOLVO...
純粋に走る
■□ 四角四面 □■
あほうもん
気ままな趣味の記録
ken's photo ...
ブランド大好きおじさん
VOLVO & 4WANZ
ちこたんのわがまま日記
今日は日曜@MINI&星...
戦闘的に走れ!
::: SCENES O...
ちこたんのホフク日記
Lovely days ...
エキブロ仲間への書込専用...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
石原真理子と メイちゃん...
Cayman Islands
横浜、ディズニー、ファミ...
Unforgettabl...
kicksの趣味BOX
世界的中南美團
Club HENTAX ...
真珠色の時間。
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
70's roman
あれやこれやex
One shot deal
微力ではあるが無力ではな...
\
じじいblog
HOPE's Photo
ヘボ庵
The enemy is...
★うさぎとかえる★
Koba's World
黄 色 夢
impressive
(b)ism
ぱ~る婦人の☆お散歩日記。
CAPRICIOUS T...
P様の日記
まったり
Walking wounded
おじんのPORSCHE ...
もっと楽しく走るボクスタ...
BOXSTER(ボクスタ...
White Board -♭
車バカ!!
Porsche 911T...
?日誌
300Cな生活
きのしたのおはじき
The turning ...
コロナと共に・・・。
ココロのキューピー♪
Menage Celiy
All things t...
せりかパパのボルボな休日
Porsche 996 ...
Cafe de Kei
Cafe de kei
脳みそのさんぽ
sweet life
ボクスター はじめました
マイノリティー
人生いろいろ ~男もいろ...
Twenty-four-...
Eternal journey
Cooking kei
my favorite...
サフランイエローな旅
マイライフ・カーライフ
Working on t...
Look at the ...
//
I'M NOT A BEAR
ウナツー & ガヤツー ...
J's VOICE
Boxsterと走る
瀬戸内ケイマン便り
ケイマンと共に
Flat & Straight
Driving Side...
Pick Yoursel...
a window
うめきちとVOLVOと軽...
"Re-Design"C...
My favorite ...
自然の中で
*hiro*の Stay...
HEAVEN
オシリ大好き~
aoi*log
Bird note
モーリシャスからの贈り物
湾岸 State of ...
その他のジャンル
<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
PENTAX digiich 素人論 ♯005
今回で5回目のデジイチ素人論ですが、素人論ですので間違った知識もありますので鵜呑みにせず適当にお読みくださいませ(爆)

a0070118_10493162.jpgデジタル一眼レフの楽しみはレンズ交換にもあります。
一眼レフを使用されていた方はマウントが合えば使えます。

「蘇る写真少年時代の思い出」・・・

今デジイチが熱いのは、この過去のレンズが使えるというのが大きいと思います。
「デジタル一眼のボディーにはデジタル専用のレンズを!」という声もありますが
過去の財産を活用するのは個人の自由、
もし一眼レフのレンズを所有しているのであればドンドン使いたいところです。



そんなフィルム時代の一眼レフとの共通部分もありながら、大きく異なるのはフィルムを使わない!
一発勝負のフィルムではなく、フラッシュメモリーの容量が許す限り同じショットを繰り返す事が出来るという特徴があります。

最大の特徴は最大限に活用すべし! 

デジカメの中でデジイチの場合は素早い連射も可能なので撮って撮って撮り捲れます(笑) 大量なその中から秀作を探し出せば良いだけです。

a0070118_1425142.jpgしかしながら、「その瞬間は2度のない」というシュチュエーションでの
撮影の場合、いくら大量に撮影できるとしてもミスは許されません。
カメラボディーに付随している液晶だけでの確認では、
実際のところ帰宅後パソコンで確認して愕然とする事もあります。

←のような時にはホワイトバランスに疑問が残る写真も・・・
対策として撮影後毎回液晶画面で確認、ホワイトバランスを調整!
そうすれば自分の好みの色合いまで近づける事は出来ます。
しかしその連続する行為は大変ですし、液晶を活用する事で
バッテリーへの影響も考慮しなくてはいけせんので得策ではないです。

では撮影後パソコンでのデジタル処理を行えば・・・


a0070118_1439028.jpg
全体のバランスを考えると、この辺りが限界です。
実はカメラに差し込まれているフラッシュメモリーに撮影データーが
書き込まれる時には既に1枚の画像データーとして、
定められたフォーマットで勝手に納まってしまうのです。

一般的にはJPEGというフォーマットに自動変換され納まります。
その時点で画像を構成するデータの脂肪はそぎ落とされ、
シェイプボディーとなり納まりますので、
後日さらにダイエットをしようとしても絞れる脂肪は微量、
つまり撮影後はデジタル処理を行える範囲というのは、
極めて狭いという事になり、その結果が左の処理後画像。


殆どのデジカメがJPEGに自動的に変換されフラッシュメモリーに収まります。
変換後の画像をBlog用にサイズを変更してしようすると、時として荒れたり、密度の薄い画像になってしまいます。
画像ソフトを使っても限界があるので、やはり撮影は一球入魂で行うべきかもしれません。

そんな事はない、デジイチにはRAWが! 

一部のコンパクトデジカメにも装備されていますが、デジタル一眼レフには必ず装備されているRAW撮影機能。
これを使えばホワイトバランスなど気にせず撮影することが出来ます。
しかも1シーン1枚だけ撮影しておけばOK!、無駄なショットはご無用♪

勝手にダイエットされてしまうJPEGに対して、RAWは見たままボディーでデータにされるので
JPEGに対して10倍ほど脂肪(画像情報)が付いています。
瞬間を切り取っただけの素のデータが存在するということです、つまり現像次第で好きな写真に完成させる事が出来ます。
a0070118_155233.jpg
設定は極めて簡単です、各デジイチの設定画面で画質を
RAWにするだけです。
★、★★、★★★はJPEGへの変換を意味しています。
このようにRAW設定にするだけで細かな設定から開放されます。

しかし10倍脂肪が付くという事はその分データーが膨大ということ、
1Gで90枚程度しか撮影できなくなります。
好みの分かれるところですがフラッシュメモリーを多めに
保有している方であれば何の問題いのですが、
いざという時にメモリー不足で撮影できなくなる事を考えると、
自動変換のJPEGに方かな・・・
悩ましいですが私のお勧めはRAWの設定です。

現像を勝手に行ってしまうJPEG、現像は自らで行うRAW・・・

現像! と聞くとピックっときませんか?

何とも言えない匂いの暗室で自らの加減で写真を完成されていく。
そんなリアルな現像をパソコン上で楽しめるのがRAW撮影らしいのです。
実際にRAW撮影データに関するお勧めのRAW現像ソフトは市川ソフトラボラトリーの「SYLKYPIX」です。
SG-V05のしろちゃん推薦のソフトです。
a0070118_15223057.jpg

▲実際にどの程度現像できるのかを1例でご紹介・・・小さい画像が元画像、殆ど自由自在に現像する事が出来きます。
暗室にこもり現像液を使い・・・なんてことは一切せずにパソコンで対応ソフトを使用することで現像する事が出来ます。
私がその場所で見ていた色が蘇り画像として現像する事が出来ます。 「現像 = 好みの写真に完成させる」ということです。
ではJPEGではどうでしょうか?同じ場所でJPEG変換された画像を元に画像処理を行います。
a0070118_14332126.jpg

Adobe Photoshopなどの画像ソフトを使うとある程度までそれらしく修正することが出来ます。
小さい画像が元画像ですがあまり変化が無い様にも見えますが同じ色合いで輝きのある色になっています。
これはこれで良い色になっているかもしれませんが深みというか密度の濃さがRAWとは大きく違います。

結局2つ共に同サイズでJPEGのファイル形式として、このBlogで掲載しているのですが、
そこに至るまでに過程が違うという事です。

ここまで自在に現像することの出来るRAWが装備されているデジイチは魅力的だと思います。

デジイチは撮るだけにあらず 

(一部のコンデジにもRAW設定はあります)デジイチ全般として撮る楽しさを感じる事が大きいのですが、実はその後も面白い。
写真は現像するまでがお楽しみ・・・ということです♪

私の周りは殆どRAWな方々ばかりです、RAWを勧めている肝心の私はというと・・・

JPEG派! 

ここまで言っておいてなんなんですが、真性のJPEG派!です。 
数打ちゃ当たる戦法の私には不向きなRAW設定だからです。

紹介した「SYLKYPIX」は業界でも高い評価を受けており正式採用しているメーカーもあるぐらいのソフトです、
様々な現像への技術が盛込まれたソフトらしいので正式に購入して使用すると物凄い効果を得られそうです。

しかし現像の面白さにハマってしまうと中々ディープなのでドップりと・・・
[PR]
by ken-987 | 2006-08-31 12:30 | デジイチ
VIRUS の恐怖・・・感染、そして発病?
先日とある方・悪い先輩に声を掛けられ最高のクルマに乗せて頂きました、感動が覚めやらぬまま夜には近くのビレバンへ・・・
a0070118_13155293.jpg

脳での思考前に条件反射のように勝手に手が2冊を掴み購入・・・も、もしかして先輩の最強ウイルスに感染してしまったのかも?
もしかしたらこの情報入手はこの最強ウイルスの初期症状ですか? このままでは危険が危ないです。
a0070118_1316564.jpg

まだ初期症状らしいので視点は被写体最高の写真方向です(爆) 京都でのショットも素晴らしい・・・9月に京都に行くので期待でるかも。
7人のインプレッションがGENROQには掲載されています、その中で素敵な台詞・・・ 

のけぞる加速

張り付く・・・ではなく、「のけぞる」とは素晴らしい表現です、立って乗ってたんですか?と聞きたくなりますが今年版で言うならば、

イナバウァーな加速 (古るッ!)

2冊ともそれなりの読み応えがありました・・・そんな初期症状を起こす最強のウイルス感染を有難くも手配頂いた方・・・
a0070118_13314554.jpg

Blogはこちらから 996 Turbo-ism
驚きの 911Turbo High Performance Edition ですよ! 特別仕様車で限定20台、拘りの1台が目の前に!という感動も♪ 
996Turbo HPE のオーナーであり、その他に2台、計3台22気筒&総排気量12.4Lと過ごすロハスなカーライフをお過ごしのUJさん。
詳しくない私がこのクルマを見てもその勢い良く放出されるフェロモン、オーラーを感じる事が出来ます、ブラックボディーがまた怪しさ満点。

拘り・・・大事ですね

上記の写真・・・それにしても素敵なUJさんの写真です。
知り尽くしたベストな表情を狙えるのはクルマへの愛情、それを強く感じます。
自分のクルマを素敵に撮れるのはオーナーだけ!と私は思っています・・・そんな事がよくわかる写真の数々に乾杯♪

クルマへの愛・・・大事ですね

*UJさん、勝手にUJさん撮影写真を構成&掲載していますが、もし問題があれば対応致しますので。

a0070118_13475659.jpg

Daily SUBARU & VOLVO for Life 4 
「8月28日号・広がるクルマの輪 PORSCHE編」においてその時の様子を紹介しています。
お時間があれば覗いてみてください。




最強のウイルスに感染してもそれは心地の良い感染です・・・気が付くとネットで検索したりなど少し仕事が手に付かなくはなりますが(汗)
そんなフワフワした今日この頃、他のBlog用の素材として過去のコンデジ撮影データを確認していました。
a0070118_1464616.jpg

この当時は、仕事上で関係のある商品カテゴリーの北米マーケットにおける調査というスタイルで量販店や専門店を中心に巡っていたその時、
予想もしない驚きの瞬間がやってきました。
2002年5月のE3ホルダーを開いた瞬間に記憶の奥深くに眠った何かが目覚めた気がしました。
a0070118_14102434.jpg

こ、これは・・・まったく記憶になかった自ら撮影した Porsche が一覧表示の中に現れました(汗)
見つけた瞬間はドキドキ♪、その後ニヤニヤ♪ 車種は?車種は?  
a0070118_14123170.jpg

▲ ここはHobby shop なので良く出来た1/1モデルかな~・・・って違いなく1/1スケールの 911Turbo です、ホンモノでした♪ 
a0070118_14124410.jpg

▲ 正面からも落ち着いて1枚♪ 同行していたスタッフが右側に・・・これも記念ですね。 もう少し前進していたら縁石に(危)
a0070118_1412566.jpg

▲ 少しローアングルからコンジデの FUJIFILM FinePix4500 で撮影・・・ホイールがカッコイイなぁ~と感じた事をこの写真を見て思い出しました。

私が過去に一般車両の 911Turbo を撮影していたなんてホント驚きです、何故?何故?
記憶を辿るとたまたま撮影した Porsche が 911Turbo だったというわけではなさそうです。
このエリアではかなりの確立で Porsche を見かけていたので確実に、 911Turbo 個体の魅力に惹きつけられたのでしょう♪  

駐車中のクルマを撮影する・・・この行為は許諾関係もあるのですがとりあえず国内ではあまり考えずに行います。
海外では夜に撮影して物凄い怖い体験をしたので日中でも警戒しながら、気を使いながら撮影しています。
まさに「撮影は場所と時間を計画的に!」ですね。

話を戻すと・・・つまり最強のウイルスの感染源はロサンゼルスだったということです(爆)
既に感染してキャリアとなっていた私がUJさんの愛車への試乗で発病した!ということのようです(汗)

発病しても初期症状のままという可能性もある有難いウイルスの様なので症状が進行しないように最低2年は大人しくしています(笑)

UJさん曰く・・・残念ながら一度感染してしまうと、決して治りません(経験者談) そう、逝ってしまうまでは(爆) と申しています。

それって怖すぎる・・・でも楽しそう♪

我が街にはこのような、「ちょい不良」な先輩達が生息し、心地良いウイルスを散布しているので本当に危険が危ないです!


 
[PR]
by ken-987 | 2006-08-29 12:00 | PORSCHE
PENTAX digiich 素人論 ♯004
今回は画像メインですので危険が危ない ( by Mr.FOX )ことはありません、のんびり&まったりお読み下さい(爆)

SONY と Panasonic が参戦、激アツのデジタル一眼レフウォーズですが、一足早く PENTAX が、来月には Nikon と Canon が新機種で応戦。
a0070118_2120188.jpg

年末商戦には再び新機種が投入予定、待てば待つほど機能的に優れたモノがリリースされますね。
購入をお考えの方々にはコンデジもデジイチも新作ラッシュで悩ましい機種選択ですがそれに関しては次回にでも・・・

さてdigiich 素人論 4回目は、

素晴らしき SG- V05な仲間♪

のご紹介です、ほぼ同時期にVOLVO 2005モデルのクルマを購入、ネットを介し知合いに!
a0070118_23353357.jpg

リアルにワイワイと遊んでいる仲間のカメラ馬鹿、HENTAI 3人が登場です。
VOLVOを乗り継がれている人、VOLVOに戻ってきた人、初VOLVOの人・・・全てVOLVOを愛する人たちです。
狭い集まりではありますが SG-V05 という名前の下に家族ぐるみで楽しませてもらっています。
2名はPENTAX派 1名はNikon派 1名はKONICA MINOLTA派であり、 PENTAX派でもあり、Canon派の欲張りさん!
a0070118_23365619.jpg

▲それぞれのデジイチに何故か同じマニュアルレンズが装着されています(汗)
集まったらまず撮影、楽しいレンズがあれば情報交換、影響して影響され、毎回ワイワイやってます。
同じ場所にいたはずなのに出来上がりの写真は全然違うものに・・・それぞれの感性に乾杯♪
今回はその3人が撮影した写真をごく一部ですが適当に選択して勝手に&ノーギャラで紹介します。
a0070118_3531711.jpg

a0070118_23373913.jpg
a0070118_23375057.jpg
a0070118_23381365.jpg

a0070118_23384335.jpg

a0070118_23383191.jpg

▲毎回千鳥足ながらみんなをソフトに包み込む兄貴分のカシオペアさんは3社のボディーを操るHENTAIです。
水中花火の写真はMy2006年花火写真のグランプリです♪


a0070118_3533997.jpg

a0070118_2339630.jpg

a0070118_23393522.jpg
a0070118_23395015.jpg

a0070118_23391850.jpg

a0070118_2340738.jpg

▲勉強家で情報収集能力が素晴らしいパーツフェチのしろちゃん、検索エンジンのように知らない事は殆どありません(笑)
PENTAX派の1人・・・つ、ついにスポーツシーンの撮影に乗り出したようです。


a0070118_3535329.jpg

a0070118_23402390.jpg
a0070118_23403648.jpg
a0070118_2340532.jpg
a0070118_23434227.jpg

▲マイペースで慎重派のふ~すけさん、Nikon派であるふ~すけさんはPENTAX派とは一味もニ味も違う素晴らしい写真をみせてくれます。

それぞれに得意分野があるようで被写体選定から撮影設定まで特徴があり、本当に面白いです。
それぞれにBlogを開設、そこで仲間の写真を見ることは楽しい事でもあり、自己への刺激にもなります。
1人で撮るのも楽しいのですが、みんなでワイワイと撮影するのも物凄く楽しいです。
早朝に、夜中にと時間に関係なく愛車と風景を重ねながら楽しむ、HENTAI万歳♪
私が今も楽しく撮影を趣味の1つとして継続できているのは、この3人との関係が影響している事は確かです。

カシオペアさん、しろちゃん、ふ~すけさん、有難う御座います♪

SG-V05の仲間のように写真を中心にBlogを開設している殆どの人は撮影時の機材から撮影データを記載しています。
この辺りもデジイチ選び&レンズ選び、そして撮影方法の大きな参考になるのではないでしょうか?
私としてはプロやハイアマの作例より参考になるので毎回活用させていただいています。

いつの日かココを見ていただいている方々と、愛車を絡めて撮影しながらワイワイと楽しめたらいいなぁ♪

そしてその後さらなる感染者(HENTAI)達との出会いが始まるのでした。

次回、さらなるHENTAI HENTAXへ・・・つづく
[PR]
by ken-987 | 2006-08-27 20:00 | デジイチ
BOXSTER STYLE 004 SUNSET ♯1
PENTAX *ist Ds + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4
a0070118_16114645.jpg

a0070118_16141668.jpg

a0070118_16142356.jpg

a0070118_16143051.jpg

a0070118_16135884.jpg

「危険が危ない!」が口癖のオムツ王子こと釣り師FOXさんの呼びかけで突発的に開催された夜景撮影会でFOXさんがボソっと・・・

夜より夕方・・・夕日の方が綺麗に撮影できるんだけどなぁ~

ちょっと、ちょっとちょっと!

今もう22時ですよ! もっと早く言ってよ・・・ってさすがに平日の夕方に皆さんの召集は無理でしょう!
とツッコミたくなる主催者の一言にはさすがの私もビックル3杯、一気飲みしましたが、
サンセットは眺めていると哀愁が漂いがちですが、これから月と共に楽しい夜がやってくるぞ!というエネルギーも感じます。
さて撮影ではどうでしょうか? 騙されたと思って撮影してみましたが・・・

お見事! パリ挑戦権獲得!

FOXさんの仰るとおり中々良いですね♪ 夜景とはまた一味違う面白味が写真に出てきてくれそうです。
夕日の光の加減というかカラーは日によって変化があるので運が良ければ素晴らしくオレンジな光をもらえるかも!
この日は弱いオレンジな光をもらいました・・・が、しかし夜景のようにのんびり&まったりと撮影する事が出来ません(汗)

気が付くとドンドン沈んでいます、その沈みに合せてオレンジ色も変化しています、これはやっぱり面白い!
コイツはディープ、一球入魂でカメラを構えないと難しいです。
のんびりとクルマを移動させてアングルを模索している時間があまりありません(爆)
結構慌しい撮影になりますが、たまにはセカセカした時間も楽しいかも♪
今回は全てマニュアルレンズ Carl Zeiss Jena FLEKTOGON で撮影しました。

SUNSET ♯2 へ つづく
[PR]
by ken-987 | 2006-08-25 13:00 | B.STYLE
キレイが一番、大人の水遊び♪

夏の怪奇・・・放置プレイの悪夢

毎日乗っているクルマとなると全てにおいてあまり気にならなくなります、クルマの用途が影響していると思います。
時々会う人の変化には簡単に気付きますが、近親者の変化には中々気付かないのと似ているかもしれません。
けして無関心になるということではありません(汗) 逆に無関心とされる事はあるかもしれません(爆)

クルマの話に戻します。
約2ヶ月間の放置プレイを楽しんだ蛙顔のミニミニPORSCHE(爆)ことMARCH君をあらためて眺めると・・・

MARCH君、ボディーカラー何だっけ?

と思うぐらいにキレイなグレーボディーに変身していました。
あと数ヶ月放置すればもっと濃いボディーカラーに(爆) でもあまり放置していると近所のワルガキ、お子さんたちのキャンバスに(汗)
もしくは取引先の方々のデザインボードに(爆) 今の世の中、油断は出来ませんからね!

さすがに落書きは困るので残念ですが放置プレイを諦めて猛暑の中、
夏休みの宿題をギリギリ着手するイケナイ子供時代を思い出しながら洗車を敢行しました。
毎度のカレスト洗車が基本ですが今回は水をかなり使用する可能性があるので某所の洗車場にお邪魔して(笑)
a0070118_15343398.jpg

あのガキ、許さん! 近所のお子さんの書道練習にしてはお題が・・・単なる落書きですね、これは!

さてさて右側はしっかりと洗車して一見キレイに見えますが頑固な水垢が所々に猛威を!
焼き付いているような薄黒い汚れ、こんなに焼けちゃってて完全にキレイになるかしら? 彦摩呂風に・・・

汚れの七宝焼きや!

はいはい、先を急ぎます。
台所用洗剤「ジョイ」で頑張ってみたのですが甘すぎ、全然駄目です。
遊びながら洗車していたので水垢パワーに気付いたのは全面を洗車した後でした・・・まさに悪夢です(アホです!)
仕方がないのでプチ休憩、速攻でカレストへ! パールホワイト専用の水垢シャンプーを購入♪ 
a0070118_15345636.jpg

購入の際に・・・


ken 「スミマセン、パールホワイト専用のこの商品、ホワイトパールのクルマにも使えますか?」

店員 「え?パールホワイトにホワイトパール?」

ken 「いえいえ、ホワイトパールにパールホワイト!」

店員 「え??ポールホワイトにホワイトワイルド?」

ken 「いえいえ、ホワイトパールにポールホワイト、え?」

店員 「スミマセン、担当者を呼んで来ますので少々お待ち下さい・・・」

ken 「え?ここにはパールホワイト、もしくはホワイトパールの担当者がいるの? それはそれで興味があります!」


などという会話は残念ながらありませんでしたが自己判断でパールホワイトとホワイトパールは同色だと判断して購入(爆)

今回はキレイにしたボディーにCPCペイントシーラントを施工、さらにブリスXで仕上げ♪
普段はペイントシーラントは施工しないのですが今回は気合とMARCH君への愛情を込めて施工です。
まさにこの猛暑の中での作業は熱闘甲子園・15回引分再試合の激戦。
大量の汗をかきながら無事に全てが終了、熱中症の危険を水分補給で回避!48時間硬化を待てば出来上がりです。
a0070118_15351750.jpg

日差しが強い事もありキレイの表現が難しいですがホワイトパールの輝きがようやく戻りました。
クルマもキレイが一番ですね・・・それにしてもホワイトボディーはヨダレが酷すぎて困ります、今回もヨダレが一番頑固で困りました。
これからは放置プレイを楽しまず、必ず1ヶ月に1回は洗車しようと思います(もっと短期で磨きなさい!)
a0070118_15353381.jpg

既に洗車の延長戦を戦った身体に新たな戦いは無理・・・しかたがないでアルバイトちゃんを雇い次なる洗車を敢行!
このアルバイトちゃん・・・役に立っているかはわかりませんが一応楽しそうに頑張っているのでOK!とします。
何でも手伝いたい年頃なのでしょう、もう少し大きくなればお願いしても手伝ってくれなくなるので今が使い時です(笑)
a0070118_15354266.jpg

おおおおおっ!キレイじゃん!・・・見事な仕事です♪ アルバイトちゃんには何か良いモノあげときます。
それにしても直ぐに錆びますね・・・この錆びるスピードにも驚かさせます。

しかし疲れました、直射日光は洗車に良くない!と言われますがタイミング良く日陰で洗車なんてことは中々ありませんので。
むしろ日が差している方が気持ちが良いです、水浴び状態で濡れても直ぐに乾きますしね。
冬になると寒いし乾かないし自身の動きが鈍いし・・・洗車どころじゃないです。
でも キレイにした時の感動 を味わいたくて寒さや暑さを我慢して洗車しちゃうんですよね!

ボディーカラーによっても感動は様々、特にブラック系は磨き上げた時の美しさは歓喜のゴールドメダル級だと聞きます。
逆にシルバーボディーは汚れが目立たないメリットがあるものの、洗車してもその差が小さく感動はシルバーメダル級(汗)
ボディーカラーって面白いですね♪

まぁ、とにかくキレイが一番ということです、放置プレイも程々に(爆) 季節柄、水も大切なので水遊びも程々に(自爆)
[PR]
by ken-987 | 2006-08-24 12:30 | VOLVO
PENTAX digiich 素人論 ♯003
a0070118_1545875.jpg

PENTAX digiich 素人論 3回目は個人的にも質問の多いレンズを今一度ご紹介。
a0070118_1545273.jpg

PENTAX DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED レンズ
最大180度の広い画角と湾曲した独特の描写が魅力。個性が光る魚眼ズーム。
画面中央部が大きく写り、周辺部が湾曲する特殊な描写。そして最大180度のワイドな視界。
その特徴を生かして、個性的な作品づくりに挑みたいレンズです。
レンズ先端から約2.5cmの近接撮影ができ、遠近感とデフォルメ効果をいっそう強調することも可能。
画面中心を通る直線は歪まないという特性をうまく生かすことが作画のポイント。
というこのレンズの公式商品説明。

広い画角だけでなく湾曲する描写・・・この湾曲を何処でさせるかが面白味でもあるようです。
私の場合は被写体とは別に地平線と言うベースラインがあります、簡単には・・・

A、地平線を上方に湾曲させる
B、地平線を湾曲させない
C、地平線を下方に湾曲させる

この3つを自在に行うことができます。
でも色々考えることなく楽しめるのがこのレンズ、フルオートなので湾曲をとにかく満喫、約30mmでの接写も可能なので、
とにかくバシャバシャ撮影するのが面白いレンズです♪
a0070118_15555013.jpg

▲円形のモノを撮影するのも面白いです、ホイールが外れているような位置に見えます(笑)
a0070118_1556828.jpg

▲撮影者が映り込んでいますが、Boxster の笑い顔に免じてお許しを(汗)
a0070118_15562434.jpg

▲湾曲しているモノをさらに湾曲させる事ができます・・・面白いカタチにできます。 ただ個人的に面白いだけなんですが・・・
a0070118_15563680.jpg

▲流れるボディーのこのクルマに FISH-EYE はマッチしているかもしれません(爆)
a0070118_15564791.jpg

▲これも撮影者が映り込んでいますね・・・困ったもんです(汗)
カメラのボディーを時には縦にしたり斜めにしたりして湾曲エリアを決めています、ココでは斜めで地平線は上方に湾曲させてみました。


この写真いいなぁ~♪

他のBlogで見つけた FISH-EYE な1枚・・・キッカケは些細な事、購入した後はこの1本で元を取るまで使い倒す
とにかく1本のレンズを使いまくる・撮影しまくる!ということと結果を楽しむということ。
今はそんな感じです、幸いにも個人的に面白く楽しめる写真をが撮影できているので今後も継続できるレンズです。

このレンズもガンガン撮影して出来上がりを楽しむ♪というレンズだと思います。


あと面白味としては超広角レンズなのでカメラが向いていないと思って油断していると、しっかりフレームインしています。
さすがに真横は写らないでしょ?・・・甘い!!最大180度の画角・・・その油断している様を捉えるのが楽しい時もあります(悪趣味・・・)

最大180度の広い画角は狭い空間でも威力を発揮します(ホンマに?)
a0070118_16443881.jpg

片側が壁のレストランでの撮影・・・壁の隙間にカメラを置き撮影・・・このように全員がフレームインしてくれます(笑)
集合写真の際にも確実に活躍してくれます・・・なんていうのは余談でしたが、
これまでにも面白い写真を提供して撮影者を驚かせてくれたこのレンズはボディーから外せないレンズの1つなのです。

それにしてもデジイチを購入してからPCのHDDが直ぐに悲鳴をあげる様になってしまいました。
完全に下手な鉄砲なんとやらです(笑) 
しかし数をこなせば消費税程度の確立で秀作に出会えることもありますので、
ジョーは打つべし!打つべし! 私は撮るべし!撮るべし! ですよね♪
[PR]
by ken-987 | 2006-08-22 12:30 | デジイチ
BOXSTER STYLE 003
a0070118_1644391.jpg
a0070118_2119529.jpg

a0070118_12395851.jpg
PORSCHE BOXSTER 素人論  ♯001 において Boxster を

Happy & 気持ち良いクルマ

と現在の感想を述べましたがそれはドライブすることだけでは当然ありません。
初めて My Boxster を試乗し降車後 、あらためて Boxster を見た時に最初に思ったこと、それは・・・
エンジン音が素敵♪ 意外と運転しやすい! パワフル! オープン最高!などではなく、それは不謹慎にも・・・

エロカッコイイ、ボディーしてまんなぁ~

どの角度からも素敵なんですが特にヒップラインと書きたいところですが、記憶を辿るとその時は、
正面やや左に立ちフロントからサイド、リアへの流れるラインを見下ろした時に、

MODEL、やらない?

コイツは被写体に最高!って本気で思っちゃったんです(笑) やっぱり私は完全にHENTAIです。
モデル料としてはかなり高額というか破格ですが元を取るまで、専属モデルとして活躍してもらい撮りまくります(爆)

オープン&クローズドで2つの顔を持つ Boxster なので被写体としては2度美味しいグリコちゃんです!
その姿を見てドキドキ&ワクワク、ドライブしてドキドキ&ワクワク、撮影してドキドキ&ワクワクとはなんとオイシイクルマなんでしょうか!(爆)
このままだと骨まで残さず食べてしまいそうな勢いです(笑)
[PR]
by ken-987 | 2006-08-18 12:30 | B.STYLE
PORSCHE BOXSTER 素人論  ♯001
Boxster が納車されてアバウト2ヶ月、素人なりに今思うことをその瞬間瞬間で書こうと思います。

その1回目は2ヶ月間で思うこと・・・


Happy!


一言で Happy! まだ新鮮な気持ちがあるからかもしれませんがとにかく楽しいクルマです。
眺めているだけでも飽きません、被写体にはもってこいです(爆)
パーツ1つ1つが絵になるんですよね♪ ケツが他のPORSCHEのようにもう少しグラマラスだともっと素敵だったかも?

さてさて話を戻して専用駐車場から姿を現したBoxsterを見る度に・・・

ワクワクします♪

これからコレに乗れるんだ!と思うとさらに

ドキドキします♪

a0070118_1610291.jpg

ワクワクしてドキドキしてクラクラして、もう立ってられません! 月曜日、朝の電車内にありがちな状況でも、
目眩など起こして救心が必要な身体ではありません(笑) 単なるHENTAIです。
確実にニヤけます、激しくニヤけています、物凄く嬉しい気分になれます。 完全なる自己満足のレッドゾーン!
駐車場で1人ニヤニヤしている気色悪い男性を見掛けたら、間違いなく私です!(自爆)

手に入れて良かった♪と思う瞬間、この再会の瞬間が実は自分にとって大切な瞬間でもあります。

再会の瞬間にどのような感情の高まりがあるか?

一応自分なりの所有するクルマに対する愛情を計るメーターみたいなものです。
今のところ Boxster はレッドゾーンの激ヤバクルマとなっています(爆)
いつまでも新鮮な気持ちでいられるようにありたいです・・・(恋と一緒ですね♪)
いつしか空気のような感じになったらそれはそれで・・・

さて運転するとどうでしょうか?

人それぞれ自分だけの計測ゾーンというかテストコースをお持ちではないかと思います。
(当然安全第一でのスピード域で)

「あの場所をこれぐらいのスピードで走って・・・」

当然私も一般道&高速道とそのような独自の判断基準としている場所があります。
と言ってもそんな偉そうな場所ではありません。
同じクルマでそこを走ればクルマの調子がわかる的に利用しているということです。

a0070118_16113063.jpg

Boxster では特に首都高速の某コーナー・・・

え??????

と感じたことを今でも忘れてはいません(あ、そんな過去の話ではないので忘れませんね)

少し鼻先を入れたら勝手に Boxster がククッとそして優雅にクリアしていった感じでした。
実のところ、このコーナーを高速でクリアしてくれたクルマは過去に1台しかありませんでした。
でもそのクルマ、インプレッサとも全然違う感覚・・・感動の瞬間、それは速いとか遅いとかということではなく、

気持ち良い♪

という曲がり方でした。 
勝手にクルマが曲がってくれた感が強かったですが・・・。

気持ち良く運転させてくれるクルマ&気持ち良く運転できるクルマ

今はそんな感想です、さらにワインディングロードを走ればもっともっとHappyが膨らむことでしょう。

「気持ちが良い!」と感じるということは緊張感がない、もしくは低いということだとも思います。
運転していることに疲れる、コーナー毎に疲れてしまうクルマもありますが、
私としては Boxster は走る・止まる・曲がるの全域でリラックスして運転できるクルマ。
これは予想外でした、もう少し疲れるかと思いきや・・・当然Tipの恩恵も!

そのリラックスが「気持ち良い!」という感覚を生んでいるのかもしれません。
[PR]
by ken-987 | 2006-08-16 12:30 | BOXSTER
時にはのんびりと♪
a0070118_1638411.jpg
ここ数年分散型夏休みと言われていますが2006年夏の帰省ラッシュに高速道路は軒並記録的な大渋滞(汗)
関東では落雷や思わぬ船舶事故で停電など起きていますが、皆様ゆっくり&のんびりとリフレッシュされていますでしょうか?

それにしても夏本番を大歓迎しつつ、やはり暑い、物凄く暑すぎです。

さすがにBoxsterではこの猛暑は辛い・・・

オープンならなおさら辛い・・・でも頑張ってオープンで走れば汗だくになりながらも、もれなく日焼けできます(爆)
信号待ちが辛いのでやっぱり高速ですね・・・渋滞のない高速を願います!
そんなBoxsterを本日キレイに磨きました♪ キレイなクルマは気持ちの良いものです。 少しは良い汗、かいたかも(爆)
[PR]
by ken-987 | 2006-08-14 20:10 | BOXSTER
PENTAX digiich 素人論 ♯002
今回は♯001と同様に長文ですので危険が危ないです (by Mr.FOX)

カメラに関する常識・非常識を気にせず勝手気ままに語るPENTAX digiich素人論も
目出度く2回目です♪
偉そうな事は当然語れません(汗)、期待もされていない(笑)と思うので思うがままに・・・

今回は写真に対する考え・・・



たまに、何故写真撮っているんですか? と質問される事があります。
真夏のビーチでこの質問をライフセーバーにされたら、かなりヤバイ、相当ヤバイかもしれません(爆)

記録してるんです♪

質問されれば毎回このように答えてます(笑)

私は、 「写真は記憶を記録にするもの」 だと思っています。(報道カメラマンか?)
しかし今は当然ビデオが主流 、つまり映像で残す事により動きは勿論の事、音も含まれる記録はリアルですから。
しかし1瞬だけを切り取った写真は動きや音がなくても記憶とリンクさせることにより想像で蘇る範囲の深さを持っていると思います。

そしてなにより自分自身が反映されているのではないかと思っています。 いつ?どこで?誰と?どんなことを?・・・
その反映された自身を年代で季節で振返るのも楽しい事ですし、
前に進むときの要素として活用できると考えています、数はあればあるだけ良し!

幼少期から学生時代・・・皆さんも強制的に撮影された写真も含めその数は年代毎に数多くあると思います。
しかし社会人となった瞬間にその数はプライベートも含め年代を飾る写真は激減していませんか?

大きくなってからの写真、あまりないんだよね・・・

男女に関係なく私の周りではよく聞くこと。

だったら撮りませんか?

1例で言うと、クルマオーナーで集まる場合でも出来る限りオーナーと家族を撮影するようにしています・・・無許可で(汗)
クルマよりオーナー&家族の写真が多いときもあります。
特にBlogにアップするわけではなく、まとまった数に達した時にCDRにして本人へプレゼント!
写される事が苦手な方もいますので確実に喜んでもらえるかどうかはわかりませんが、無理にでも貰ってもらいます(爆)
その写真が喜びを生んでくれる事を祈りつつ出来る限り多く撮れる様に頑張っています(汗)

「その瞬間がアル!」・・・これは嬉しい事です! 
後でも書きますが私自身がそうであるように、「その瞬間がアル」、「残っている事の喜び」は何事にも変えられない幸せです。
押し付けではありませんが同じ喜びを撮影した写真で得ていただければなぁ~と思っています。
ガシガシみんなで好き勝手に撮影する・・・これがなんとも楽しいんです♪
a0070118_16314731.jpg

自身で撮ったMyファミリー、仲間が撮ったMyファミリー・・・きっと違う目線で撮れているはず、これを楽しむの面白いです。
当然仕事場にもカメラを持ち込んでいます(爆) ハードな日が続いた時のスタッフの顔の変化は笑えます(大爆)

私は現在30代ですが仕事関連で有難いことに、
仕事を始めた頃からの年代毎、仕事毎の写真が数多く残っていてプライベート写真よりも多いのは驚きです。
アルバムに収まっている数多くの現像された写真を見る度に関わってくれたスタッフには感謝しつつ、
その時の考えや自身の勢いみたいなものを感じる事が出来、もっと頑張らなきゃ!ってパワーを貰います。
当然その年代年代で出来る事&出来ない事があります、それを正直に見せてくれる写真・・・有難いです。

現在Blogも同様の役割を果たしていると思います。
あの時はこんな事で悩んでいたのか? あの時はこんな考えだったのか? 等々容易に写真と共に文章で記憶を正確に辿れます。

便利なものがあるんだから使わなきゃソン損♪
仲間を撮影する事も当然ですがベースは自分の記録!ですので毎日ガシャガシャ撮りとりまくっています・・・無駄に(爆)
フィルムカメラの一球入魂はなくなましたが、りメモリーカードの恩恵で数は稼げますので!!
a0070118_1663939.jpg


撮ってないで早く食べなさい!

と寿司にも叱られそうですが(実際は人間に叱られていますが、何か?)

「寿司撮って何が面白いの?」

それは愚問、ズバリ面白いんです! そこに寿司があるから登る、撮る・・・ということです。
「待て待て、慌てない慌てない!」と一休さんバリに周りを仕切るのが面白いと言う噂も(爆)

実際は記録記録と責任感で気負いながら撮影しているわけでもありません!
基本は食べる前に撮る(Gochi×Photoの場合) 完全にお気楽で♪ アバウトこそ我がテーマ! Happyこそ我が喜び!

そのうちお店の照明を考慮して座る席を選んだりしてしまいますと軽い病気です(爆)

ただ楽しむだけの写真、そんな気軽な写真・・・

一緒に楽しみませんか?



つづく・・・
[PR]
by ken-987 | 2006-08-11 12:30 | デジイチ