From Boxer to Boxer 2
ken987.exblog.jp
SPECIAL LINK
★日常を語るDailyblog
excite_logo

★美写探求の旅 kenblog 別館
excite_logo

★ken photo blog
excite_logo

★クルマ名刺のOrder blog
excite_logo

★ワンコ名刺のOrder blog
excite_logo

★クルマ好きが集う告知blog
excite_logo
以前の記事
お気に入りブログ
++ feel like...
てっちゃんの部屋。。。
光と遊ぶ
A Happy-Go-L...
A Story of A
foto+ing
七転び八起き
広く浅く(= ̄ー ̄)? ...
momo's Photo...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
Verdammt !
哲学の道
V70 to XC70,...
Standard Plus+
ヤッホー観察日記
WONDER PORSCHE
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
フックラインが入らない
黒鯱
シュトゥットガルトへの道
GuitarとVOLVO...
純粋に走る
■□ 四角四面 □■
あほうもん
気ままな趣味の記録
ken's photo ...
ブランド大好きおじさん
VOLVO & 4WANZ
ちこたんのわがまま日記
今日は日曜@MINI&星...
戦闘的に走れ!
::: SCENES O...
ちこたんのホフク日記
Lovely days ...
エキブロ仲間への書込専用...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
石原真理子と メイちゃん...
Cayman Islands
横浜、ディズニー、ファミ...
Unforgettabl...
kicksの趣味BOX
世界的中南美團
Club HENTAX ...
真珠色の時間。
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
70's roman
あれやこれやex
One shot deal
微力ではあるが無力ではな...
\
じじいblog
HOPE's Photo
ヘボ庵
The enemy is...
★うさぎとかえる★
Koba's World
黄 色 夢
impressive
(b)ism
ぱ~る婦人の☆お散歩日記。
CAPRICIOUS T...
P様の日記
まったり
Walking wounded
おじんのPORSCHE ...
もっと楽しく走るボクスタ...
BOXSTER(ボクスタ...
White Board -♭
車バカ!!
Porsche 911T...
?日誌
300Cな生活
きのしたのおはじき
The turning ...
コロナと共に・・・。
ココロのキューピー♪
Menage Celiy
All things t...
せりかパパのボルボな休日
Porsche 996 ...
Cafe de Kei
Cafe de kei
脳みそのさんぽ
sweet life
ボクスター はじめました
マイノリティー
人生いろいろ ~男もいろ...
Twenty-four-...
Eternal journey
Cooking kei
my favorite...
サフランイエローな旅
マイライフ・カーライフ
Working on t...
Look at the ...
//
I'M NOT A BEAR
ウナツー & ガヤツー ...
J's VOICE
Boxsterと走る
瀬戸内ケイマン便り
ケイマンと共に
Flat & Straight
Driving Side...
Pick Yoursel...
a window
うめきちとVOLVOと軽...
"Re-Design"C...
My favorite ...
自然の中で
*hiro*の Stay...
HEAVEN
オシリ大好き~
aoi*log
Bird note
モーリシャスからの贈り物
湾岸 State of ...
人気ジャンル
<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
PORSCHE BOXSTER 素人論  ♯004
BOXSTER を運転、感じる事を素直に書き綴るPORSCHE BOXSTER 素人論 4回目は、「インテリアの機能美・・・」のお話です。
a0070118_1515433.jpg
毎回運転する時に使う人もいれば、そうではない人もいるとは思います。
私はかなりの頻度で使用している「ドリンクホルダー」ですが、その美しさに毎回何故か感動してしまうのです。
格納式ドリンクホルダーにしてはスッキリとしたデザインでありながら、機能・実用性にはまったく問題ナシ・・・
a0070118_15131253.jpg
それは助手席付近に設置され使用する際には3分割された扉をワンプッシュ! 3分割された扉が一気に開きます。
使用する側の扉だけ開けておき、その他の扉はしっかり閉じる事も出来、見た目もスッキリと綺麗になります(ココが凄い!)
a0070118_15132093.jpg
サイズも可変で様々なサイズに対応(ホントに?)、しっかりとホールド出来るようになっています。 
深さがないので背の高いペットボトルなどは少し心配ですが、しっかりと締めればホールドの強さで安心???
a0070118_15132922.jpg
最も素晴らしいと思うポイントは・・・

ポジションが最良♪

助手席から左右どちらもアクセスし易い距離であること! 逆に運転者からは少しだけ遠い距離・・・この距離感が大事なんです。
運転者から遠いと意味ないじゃん!・・・と思いきや、「ハイッ!」 と助手席から渡してもらえる距離にあるということです(爆)
もし窓側にあれば自分で取らなくてはいけなくなり、キャップまで自分で外す事になり運転が危険です(爆)

というのはさておき、エアコンからの直撃風を頂けるという事です。 これは左右共にエアコンの恩恵を頂戴できます♪
身体にはヌルい飲料が最良のようですが、やはり暑い時には冷たさを維持、寒い時はその反対が維持できれば嬉しいですね。
a0070118_15133846.jpg
いつでもベストな状態で飲み物を飲むことが出来ます。 目立たないアクセサリーですが、デザインも実用も最高レベルです。

*難点はペットボトルから垂れ落ちる水滴の処理は流石にこの位置では出来ませんが、衣服を濡らす様な位置でないところが流石です(偶然?)

a0070118_1513464.jpg
ドリンクホルダーなので、耐久性に問題があるかもしれませんがある程度のモノならOK♪
ボトルタイプのガムはドリンクホルダーにピッタリ(笑)、それからレンズ・・・時には走行写真用に交換レンズを瞬時に取り替えるために(爆)

必要としない時はその姿を完全に消すことの出来るアクセサリー!
彦摩呂風に言うならば、まさにPORSCHEの忍びだ!(汗)

助手席に座る方にさりげなく魅せる(見せる)アクセサリーとしては最良です!

PORSCHEなデザインに乾杯♪
[PR]
by ken-987 | 2006-10-31 17:00 | BOXSTER | Comments(18)
BOXSTER STYLE 014 SUNSET ♯3

BOXSTER STYLE 014


SUNSET ♯3


PENTAX K100D Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4


a0070118_15294638.jpg
a0070118_15295732.jpg
a0070118_1530497.jpg
a0070118_15301030.jpg
a0070118_15301782.jpg
サンセットシリーズも今回で3回目、このロケーションではVOLVOも合せて良くも悪くもかなりの枚数を撮影しています。
夕暮れ時に空を眺めて「あ!雲が素敵♪」と思っても、中々良いタイミングでその場所まで辿り着く事は出来ません。
夕暮れ時というのは本当に一瞬で終わってしまうのですが、そこに立ち会えればその時間は意外とスローだったりもします。

毎回同じロケーションで同じ被写体、何が楽しいの?

何だかわからないんですが楽しんです! 素敵な女性との出会いでもあれば、さらに楽しく毎日でも通います!
が、そんな場所ではないんです(笑) でも何かを期待しつつ向かってしまう今日この頃、また行っちゃいそうな自分に呆れる乾杯♪



<撮影後記>
今回はデジイチの設定が何故かISO400となっていて撮影後に、ドビックリしましたが、
初の試みとしてRAW連続撮影&現像を行いました、今更ながら「RAW&現像」の威力恐るべしです。
RAWだと撮影枚数も通常の1/10に減ってしまうので(1Gで約90枚程度)、ある意味アソビなしの真剣勝負でした(笑)
この画像で見るよりも実際はチョイ暗めなんですが、PENTAX K100Dの手ブレ補正も手伝い、手持ち撮影でかなり頑張れました。
どの程度、手ブレ補正が利いているか数字的にはわかりませんが撮影時の精神的フォローとして補助的に役に立っています。
ここから暗くなるともう手持ちでは無理なので三脚の登場となります。 ココは行き交うクルマのライト以外は何もないところなので(汗)
正味約10分間の楽しい撮影タイムでした。 その後延長しつつ、暗闇を手持ちで試しましたが逆に激しく懲らしめられました(爆)


PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4
[PR]
by ken-987 | 2006-10-27 12:00 | B.STYLE | Comments(24)
BOXSTER STYLE 013

BOXSTER STYLE 013


Narita International Airport Terminal 1


PENTAX *ist Ds DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
PENTAX K100D Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4


a0070118_1324047.jpg

a0070118_13255182.jpg

a0070118_18334367.jpg
a0070118_18335769.jpg
a0070118_13305060.jpg
出国や出迎え以外で成田空港へ来るのは久しぶり、たまにはのんびりした空港での一時も良いものですね。
観覧デッキには望遠レンズを装着したHENTAIさんがワンサカ、皆笑顔で楽しそうです♪
フェンスにはしっかりと飛行機の写真が撮り易いように、空港の配慮でカメラレンズを突き出せる穴まで開いています。
HENTAI度が増すとココではなく、離陸のタイムスケジュールを手に迫力ある構図が狙える撮影スポットに出没するらしいです(爆)

飛行機の写真・・・それが物珍しかった子供の頃に、親のカメラを借りて羽田空港で撮影した記憶がぼんやりと蘇ってきました。
その写真は今でも何処かにあるのでしょうか・・・うんうん、探してみよう♪

被写体は限りなく・・・
[PR]
by ken-987 | 2006-10-24 09:00 | B.STYLE | Comments(6)
サービスキャンペーンから退院、そして大雨・・・
先週サービスキャンペーンの作業の為に1泊2日の入院をしていましたが、週末に無事に退院しました♪
a0070118_14411290.jpg
今回は3箇所を改善してもらいました。 納車時から気になっていたウィンドディフレクターのガタツキは今キャンペーンで改善!
クーラントホースの改善、そして画像にフロント左右の開口部の塗装剥げ等に対応すべき、新パーツ交換だったようです。
ウィンドディフレクターのガタツキは完全に消え去りました! 綺麗に洗車までして頂きましたが、
昨日の真夜中、大雨の中を走行しなくてはいけない状況となり、スッカリ洗車も意味のないモノになってしました(涙)
近くグリッタ水で拭き拭きタイムとなる予定です(笑)

そんなサービスキャンペーン入院時に見かけたポルシェを少々・・・
a0070118_14392597.jpg
インパクトのあるボディーカラーにボディー形状・・・ボディーカラーはオールペンだそうです。
a0070118_1439935.jpg
ボディーカラーで感心していたら、な、なんとこのポルシェはエンジンがないじゃないですか?? あ、目の前にというか眼下にありました(汗)
恥かしながら、降ろしたポルシェのエンジンを初めてみました(感動!)
a0070118_1439188.jpg
リア付近を覗くと 物凄く分厚いスペンサーが・・・この分厚さにも驚きました(汗)
a0070118_14394620.jpg
物凄く綺麗な・・・大切にされているのがわかるポルシェを発見!綺麗なボディーカラーでエロい艶とオーラを発散していました♪
光の下で見るとまた違った色に変化したりするのでしょうか? 何だか興味をソソるボディーカラーです♪
a0070118_14393376.jpg
もしかしてこのボディーカラーが「ルビーストーンレッド」というカラーなんでしょうか? それにしても艶々していて気持ちが良いです(爆)
a0070118_14395594.jpg
このポルシェはワイド感全開の這うようなスタイリングでカッコ良かったです! 刺激的なボディーカラー、リアが最高に素敵♪
[PR]
by ken-987 | 2006-10-23 12:00 | BOXSTER | Comments(10)
Heaven's Porsche 001
PENTAX *ist Ds Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4
a0070118_22412416.jpg
a0070118_2241324.jpg
a0070118_22414235.jpg
a0070118_22415065.jpg
a0070118_2241581.jpg
a0070118_2242794.jpg

今回から新しいカテゴリー「TOY」を始めました♪ 「冷やし中華始めました!」とは少し違うベクトルです。 季節も夏ではなく秋ですので(爆)
しかしながら姉妹Blogと激しくダブる気もしますが、まぁ軽いノリで・・・(大汗)

姉妹Blogでお馴染み、赤と黒のエクスタシー(爆) 音速のピット作業は神業そのもの!
アカ&クロチームのピットクルーたちも、この撮影の為に特別に参加協力してもらいました、アザース!
レーシングタイプのスケールカーがあれば最良だったのですが、未だ入手していないので素のボクスターSで(汗)
素のボクスターSをサーキット仕様に少し弄る計画をしたのですが、今回はそのまま登場!まぁこんな感じです。
そろそろポルシェのレーシングタイプスケールカーを物色しなくてはいけませんね・・・でもスケールカーもディープ、キリがないですから。

CAUTION!
くれぐれも撮影者がニヤニヤしながら撮影しているHENTAIな様子を想像してはいけません、危険が危ないどころか感染します!
[PR]
by ken-987 | 2006-10-20 16:00 | TOY | Comments(12)
PENTAX digiich 素人論 ♯011
a0070118_13124692.jpg
digiich 素人論11回目は前回同様に「デジイチオプション」を予定していましたが、
今回もぶらり途中下車してデジイチ・レンズの面白さに関してのお話を・・・
PENTAX digiich 素人論 3回目で紹介させていただきました
PENTAX DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED レンズの再登場♪

最大180度の広い画角と湾曲した独特の描写が魅力。個性が光る魚眼ズーム。
画面中央部が大きく写り、周辺部が湾曲する特殊な描写。
そして最大180度のワイドな視界。
その特徴を生かして、個性的な作品づくりに挑みたいレンズです。
レンズ先端から約2.5cmの近接撮影ができ、
遠近感とデフォルメ効果をいっそう強調することも可能。
画面中心を通る直線は歪まないという特性をうまく生かすことが作画のポイント。
というこのレンズの公式商品説明。



a0070118_1318841.jpg
私の常用レンズであり、もうボディーから外す事の出来ないレンズです(爆)
現在ではNikon & Canon用のフィッシュアイズームが TOKINA(確か・・・)
からもリリースされていますね。
開発環境からまったく同じ機構のようですね。


前回は・・・「広い画角だけでなく湾曲する描写について」
この湾曲を何処でさせるかが面白味でもあるようです。
私の場合は被写体とは別に地平線と言うベースラインがあります、簡単には・・・

A、地平線を上方に湾曲させる
B、地平線を湾曲させない
C、地平線を下方に湾曲させる

この3つを自在に行うことができます。

と書きましたが今回は「魚眼ならでは!」の使い方ではないのですが、
修行中の使い方を少し自己復習を含めて紹介です。




a0070118_13255632.jpg

「フィッシュアイズーム」ということなので機構の1つであるズームを活用してみます。


露光間 Zoom!


スローシャッターを設定して、シャッターが開いている間にズームをタイミングよく動かすことにより、
時にはスピード感のある写真が、時には光が流れタイムスリップ風の面白い写真が、花火などでは幻想的な写真も!
魚眼ならではとしては湾曲の光のラインとかイケちゃうかもしれません・・・
面白いのですがこれも「何に使うか?」をしっかり想像しておかないと意味のない写真に・・・

と言いつつ、我を振返れば何も考えずにとりあえず魚眼を使って、何も考えず(いけませんね!)に撮っていました(核爆)

スローシャッターの時間とズームのタイミング、ズームの均一さなど条件がマッチすれば!と思うのですが中々難敵です。
a0070118_13403227.jpg
光のないところでこの手法を使っても・・・まぁ自己満足的にはスピード感が少しでていますね(汗)
この程度であれば普通に撮影してフォトショップで加工でもOKですね(涙)
a0070118_13404355.jpg
こ、これはやり過ぎですね、ピンボケ写真のようです(自爆)
この手法をやる場合はしっかり三脚固定が基本ですね、この2枚は手持ちで行っている関係もありズームの効果より手ブレの効果が(汗)

素人がやるとこんな感じですが、アソビの1つとして考えれば、この手法は結構楽しめます♪ でも極めた人の写真を見ると・・・

「露光間ズーム」でググれば面白い写真に出会えます♪

今回は魚眼という事ではなくズームレンズへのチャレンジでした♪
ズームレンズも色々面白い事が出来ますので勝手に撮りまくり楽しんでしまおうと思います。

ピントの合った状態でシャッターを押した後、ピントリングを回すと・・・これもまた面白い写真が撮れるようですが、
これは今後のチャレンジ課題として・・・kenの修行の旅はまだまだ続くのでありました。。。
[PR]
by ken-987 | 2006-10-19 12:00 | デジイチ | Comments(12)
BOXSTER STYLE 012

BOXSTER STYLE 012


静かに佇むその姿もまた、いいものです♪


PENTAX *ist Ds DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
PENTAX *ist Ds Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4




a0070118_21522293.jpg
a0070118_21523189.jpg
a0070118_21523893.jpg
a0070118_21524645.jpg
a0070118_2152532.jpg

時にはのんびりと・・・この「のんびりと」という言葉が私は好きです♪
このようなタイプのクルマには似合わない言葉の様な気もしますが、あえて逆行してみるのも面白い事です。
佇むその姿を見ながら、慌てず急がず、たまには立ち止まって・・・自身に言い聞かせるように。。。

焦らずなんですが、クルマだけでいうのであれば「緑の世界」から「赤の世界」に早く旅立ちたいと企んでもいます。。。いざ紅葉の世界へ♪
[PR]
by ken-987 | 2006-10-17 12:00 | B.STYLE | Comments(16)
PORSCHE de TOURING ♯002

PORSCHE de TOURING ♯002


房総300Kツーリング・・・潮風を感じて、秋の御宿編


PENTAX *ist Ds DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
PENTAX K100D Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4

a0070118_20123814.jpg
本日早朝より、Presented by UJ's Garage 「房総ツーリング・・・潮風を感じて、秋の御宿編」に参加させていただきました♪
a0070118_20125055.jpg
スタート地点である大黒PA、日曜日のこの場所は国際的なクルマが大量に集う物凄い状態、スーパーカーのオンパレード、彦摩呂風に・・・


まさにクルマの凱旋門賞や!


まぁ~出だしはこんな感じでした(え?どんな感じ?)
珍しいクルマがあれば即座に取り囲まれます(笑)、今回はバッテリーダウンで参加も危ぶまれたKSKさんのPが予想通りギャラリー車に!
a0070118_20125796.jpg
可愛いワンちゃん♪ 癒されますね~ クルマも良いですけどワンちゃんやネコちゃんも良いですね・・・なんてのんびりしていると。。。
a0070118_2013527.jpg
アクアラインに入る直前から何やら怪しい雰囲気がしてたんです、何となくですが・・・トンネル突入がGo!サインのように異次元へタイムスリップ? 

ブォォォォォォォォォ! バギュォォォォ! ▲■*#%□#△$&%!

物凄い音がトンネルに響き渡っています・・・音じゃない音まで(爆)・・・どうなってしまうのでしょうか? とりあえず行き先でも!

「イスカンダルはやめて、出来れば行き先は過去でお願いします!」

過去に戻って、アレをこうして、コレをこうして・・・むふふふ。。。
なんて考えている時間もなくかなりの速さでトンネルが消え去り願いも儚く消え去り、出発の地である千葉県に・・・ある意味タイムスリップ成功?
「気持ちが良いのでオープンで!」でオープンにしていた関係で、各車の走行音をダイレクトに聞く事が出来ました・・・って耳が痛かったです(汗)
a0070118_20421439.jpg
3回ほど休憩時間を頂きながら(私は緊急で御宿コンビニ休憩を頂きました)、最終目的地である御宿へ無事に到着しました。
a0070118_20131994.jpg
身近で話題だった「サヤンテラス」に念願かなって来る事が出来ました♪
それもダブル嬉しい事に、こんなに素晴らしいクルマたちとそのオーナーの方々と一緒に!激しくラッキーです!

マセラティ クーペ カンビオコルサ・M5・997Carrera・996Carrera Cabrio・996 4S Cabrio・996Turbo・996Turbo・996Turbo HPE・987Boxster S 

その素晴らしいロケーションは参加された方々のBlogで紹介されると思いますので、ココでは勝手にそれを期待しつつ省略します(核爆)
a0070118_20132610.jpg
食事も美味しかったです、ロケションが最高ですから美味しいものが、より美味しく感じる事が出来るのでしょうね♪
お勧めとしては、ズバリ漁港もある御宿ならではの魚料理!・・・あ、私は血の魅力に負けて肉を選びましたけど(汗)
a0070118_20133510.jpg
帰路も素晴らしいクルマたちの後姿を眺めさせて頂きながらのドライブ・・・至福の時です。
a0070118_20134295.jpg
隠居さんの美しい "マセラティ クーペ カンビオコルサ" に誘惑された夕陽が、ボディ深くへと吸い込まれていきました。
a0070118_20134983.jpg
陽の時間も短くなってきましたが、ご参加の皆様、こんな夕陽の時間までご一緒させて頂き有難うございました。
残念ながら途中でお別れした皆様、しっかりとご挨拶も出来ない失礼をしているかもしれませんが次回是非お時間を!
そしてこの場をプロデュースされたUJ様、バックアップされた方々、有難うございました!

クルマがいっぱい! 男の子を満喫できました! そして今後もよろしくお願いいたします♪ また遊んでくださいませ。


いや~クルマって本当に良いですね!

 
[PR]
by ken-987 | 2006-10-15 20:00 | TOURING | Comments(20)
PENTAX digiich 素人論 ♯010 
digiich 素人論 祝10回目はデジイチオプションを予定していましたが、今回はちょっと寄り道してデジチ自己撮影法に関してのお話を・・・


絞り優先 & ISO200 固定


私がデジイチ撮影する時は撮影環境がどのような状況であっても「揺るがない設定」のストレート勝負です。
「揺るがない設定」とは1つの設定以外使用しないということで、デジイチが壊れているわけではありません。
良い意味で「マイペース♪」 悪い意味で「知識知らず(汗)」という感じです。
a0070118_12401437.jpg
愛用のPENTAX *ist Ds ですが、皆同じ場所にある設定ダイヤルに注目です。
a0070118_12402392.jpg
「Av」この設定で完全固定、間違っても男性が嬉しくなるような映像が液晶画面に流れる訳ではありませんのでお間違いなきよう(爆)
「Av」=「絞り優先」という設定です。 
理由はそのポジションが一番素敵な結果が得られる可能性が高いからです。
まぁ実際はアタマの良いカメラ君がしっかり状況を判断して適正な撮影設定にしてくれているんですが(汗)
a0070118_12404795.jpg
プラス設定としては「ホワイトバランス」を状況に応じて設定して同じ構図で数枚撮影もします。
a0070118_12405345.jpg
オートブランケットという便利な撮影設定もありますので時として利用します。
カメラが算出した露出と、その露出に対して+?と-?(任意設定)に補正した合計3枚を撮影できるので楽と言えば楽です。
しかし通常なら1枚で済む撮影が同じ構図で3枚、データも3倍となってしまいます(RAW撮影をしていないので)

効率的ではない撮影方法

私の撮影方法はかなり非効率的なのです。

何故そのような非効率的な撮影方法をしているのか?

理由は簡単、私には「カメラ知識がない!」ということです。
「お前はカメラ知識が全然ない!」 と言われてしまうと、リトル悔しいので「極めて浅い知識」とさせていただきます(爆)
 
正直に言ってしまえば専門用語は何となく知ってても意味は??? まさに「今更聞けないこんな事!」のオンパレードです(汗)
ですのでリアルにカメラに関する質問をされると困ることもあります(自爆)、正直にわからない事はわからないと答えますけど。

フィルムカメラを極めた方からすると低い次元の話のように聞こえるかもしれませんが・・・
他のBlogには「こんなの撮れるの?」と驚かされる写真が溢れていますが、
そのような写真はしっかりとした機材と知識のバックボーンがあり、計算された中での撮影だと思います。
私と同じ場所で知識のある方が撮影した場合、短い時間&数枚足らずで素晴らしい写真を撮る事は間違いありません。

だったら、そろそろ勉強しませんか?

少しは専門書でも読んで知識を得れば自分の撮影方法や仕上がりも変化があるかもしれないのはわかるのですが、

勉強、大嫌いなんです!

でもこんな私でも大丈夫♪ 勉強嫌い&カメラ知識ゼロな方でも問題ナシ、使っているカメラはフィルムカメラではなく、デジタルカメラなのです。
しかもデジイチ、短時間でかなりの枚数を撮影する事が出来ます、フィルム&プリント代なんか気にする事はありません(笑)
深く考えずにとりあえず撮影してみて・・・「駄目だコリャ!」とか「うんうん、いい感じ!」がマイベストなんです。

マイスタイル=アバウト撮り!

「写真も人となりがしっかり出ますね!」・・・なんて話を1ヶ月前に聞いたような気がしますが、
撮影方法も同様に思います。
私自身が生涯「何とかなるだろう派」の「アバウト万歳」なので撮影に関して大きくアバウトです。
しっかりと様々な事を考慮&計算しながら撮影されている方もいます、このような方は何事にも真剣で計画性のある堅実な方でしょう。
私には真似できませんが、これは性格というか個性みたいなものですからね。

「数打ちゃ当たる!」の撮影方法、撮影中はフラッシュメモリーが! 撮影後はパソコン容量が! で大変なことになります。
BOXSTER STYLE 011 で公開した写真が納まるホルダーです。
a0070118_123921.jpg
こんな感じで1つの場所での撮影でも、それなにりシャッターを切ることになります(汗)
このホルダーにはボケなどの酷い写真は既にゴミ箱行きにしているので、それらも加えるとかなりの枚数になります。
この中から数点「う~ん、いい感じかも」が発掘されるわけです、まさにトレジャーハンター気分を味わえます!
撮れば撮るだけその宝探しは大変になりますが、面白くもなります。
これだけ撮影して数枚とは悲しいですけど(汗)、まぁ私の現実はこんなもんです。

A,しっかり学んで慎重に一球入魂で撮影するか?

B,とにかくアバウト優先で撮りまくるか?



とにかく「デジイチ」を持ち歩くようになり、今まで気にしなかった「人やモノ、自然」が気になり焦点を合わせるようになりました。
コンデジを持って歩いている時にはここまでの数を写す事はありませんでしたので、これもデジイチパワーでしょうか?
それにしてもこれほど季節の花々が気になった事はありませんでした、これほど季節の雲が気になった事はありませんでした。
深い場所まで行かずに浅い場所でも十分に楽しめるのがデジイチの良いところでもありますね。

デジイチの最大特徴を生かしてガシガシ撮影する!

とにかくデジイチは買ってしまえば、こっちのもんです! 撮らなくてはいけなくなりますから(爆) 「住めば都、撮れば都です」

今のところ私にはこの撮影方法がベスト、この「アバウト撮り」がしっかりと「個性」となる事を信じて・・・なんちゃって。
[PR]
by ken-987 | 2006-10-13 20:00 | デジイチ | Comments(16)
BOXSTER STYLE 011

BOXSTER STYLE 011


Midnight Photo Session × TOYOSU


PENTAX *ist Ds DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)
PENTAX *ist Ds Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4
PENTAX K100D Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4


a0070118_22383072.jpg
a0070118_22383731.jpg
a0070118_22384690.jpg
晴海大橋での深夜撮影はやや定番になりつつありますが、あまり遅くなるとレインボーブリッジも光を失いますので要注意です(笑)
この橋ではBoxsterのボディーを大きく変化させる強い光がありませんので、素直なボディーカラーで撮影できるかもしれません。
a0070118_22385394.jpg

a0070118_2239784.jpg

a0070118_2239061.jpg
晴海大橋とは大きく異なり「アーバンドック ららぽーと豊洲」には光が溢れ、ボディーカラーに大きく影響を与えてくれます。
照明に影響を受ける撮影方法が良いのか?悪いのか? 
私は様々に変化するボディーカラーを面白く感じているので、「アリ!」なんです。
撮影後パソコンで確認しながら、「おおおお!面白い色だなぁ~」と単純に喜んでいるタイプなので(汗)

次はどんなカラーに変身する?
[PR]
by ken-987 | 2006-10-12 23:00 | B.STYLE | Comments(16)