From Boxer to Boxer 2
ken987.exblog.jp
SPECIAL LINK
★日常を語るDailyblog
excite_logo

★美写探求の旅 kenblog 別館
excite_logo

★ken photo blog
excite_logo

★クルマ名刺のOrder blog
excite_logo

★ワンコ名刺のOrder blog
excite_logo

★クルマ好きが集う告知blog
excite_logo
以前の記事
フォロー中のブログ
++ feel like...
てっちゃんの部屋。。。
光と遊ぶ
A Happy-Go-L...
A Story of A
foto+ing
七転び八起き
広く浅く(= ̄ー ̄)? ...
momo's Photo...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
Verdammt !
哲学の道
V70 to XC70,...
Standard Plus+
ヤッホー観察日記
WONDER PORSCHE
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
フックラインが入らない
黒鯱
シュトゥットガルトへの道
GuitarとVOLVO...
純粋に走る
■□ 四角四面 □■
あほうもん
気ままな趣味の記録
ken's photo ...
ブランド大好きおじさん
VOLVO & 4WANZ
ちこたんのわがまま日記
今日は日曜@MINI&星...
戦闘的に走れ!
::: SCENES O...
ちこたんのホフク日記
Lovely days ...
エキブロ仲間への書込専用...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
石原真理子と メイちゃん...
Cayman Islands
横浜、ディズニー、ファミ...
Unforgettabl...
kicksの趣味BOX
世界的中南美團
Club HENTAX ...
真珠色の時間。
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
70's roman
あれやこれやex
One shot deal
微力ではあるが無力ではな...
\
じじいblog
HOPE's Photo
ヘボ庵
The enemy is...
★うさぎとかえる★
Koba's World
黄 色 夢
impressive
(b)ism
ぱ~る婦人の☆お散歩日記。
CAPRICIOUS T...
P様の日記
まったり
Walking wounded
おじんのPORSCHE ...
もっと楽しく走るボクスタ...
BOXSTER(ボクスタ...
White Board -♭
車バカ!!
Porsche 911T...
?日誌
300Cな生活
きのしたのおはじき
The turning ...
コロナと共に・・・。
ココロのキューピー♪
Menage Celiy
All things t...
せりかパパのボルボな休日
Porsche 996 ...
Cafe de Kei
Cafe de kei
脳みそのさんぽ
sweet life
ボクスター はじめました
マイノリティー
人生いろいろ ~男もいろ...
Twenty-four-...
Eternal journey
Cooking kei
my favorite...
サフランイエローな旅
マイライフ・カーライフ
Working on t...
Look at the ...
//
I'M NOT A BEAR
ウナツー & ガヤツー ...
J's VOICE
Boxsterと走る
瀬戸内ケイマン便り
ケイマンと共に
Flat & Straight
Driving Side...
Pick Yoursel...
a window
うめきちとVOLVOと軽...
"Re-Design"C...
My favorite ...
自然の中で
*hiro*の Stay...
HEAVEN
オシリ大好き~
aoi*log
Bird note
モーリシャスからの贈り物
湾岸 State of ...
その他のジャンル
<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
PENTAX digiich 素人論 ♯028 Canon EOS Kiss X2
digiich 素人論 28回目♪
内容はあくまでも私の素人論ですので、思い込み&間違った知識も豊富に含まれておりますので鵜呑みにせず適当に左へ受け流してください。
a0070118_1192958.jpg
PENTAX digiich 素人論 なのですが、Canon の登場です(笑)
発表されたカメラは本来のエントリーモデルでは想定できないスペックで、運良く発売前に手元へ。 約2ヶ月間、楽しく試し撮りさせて頂きました。
3月末の名古屋・神戸の旅にも同行を皮切りに、このblogでは既に4、5月とこのカメラで撮影した写真を少しですが掲載しています。

底上げ。

Canon EOS Kiss X2。。。デジイチ定着と共に「キスデジ」という名称も外れ、短縮形の呼び名が困難にはなりました(笑)
このカメラは"入門機"というポジションには変わらなく、当然初代キスデジ EOS Kiss Digital X に対してはCanon 公式発表上は、
全てのスペックにおいて凌駕しているのですが、上位機のEOS 40D に対しても連射機能以外、殆ど同等もしくは上回っているという内容で、
デジタルモノの宿命ともいえる、最新が最良!そして機能的底上げが上手に行われ、さすが Canon!と唸らせる理由がそこにあります。
a0070118_1193559.jpg
ボディー単体での購入よりも、レンズキットで購入がベター。 さらにお得なのはダブルズームレンズキットでの購入がベストです。
レンズキットであれば、手ブレ補正を兼ね備えた軽いレンズで撮影を行えます。 475gのボディーに軽いレンズ、機動性はUP×2
ボディー単体で約70,000円。 レンズキットが、約77,000円。 レンズが単体では約26,000円。 なんと7,000円プラスするだけで。。。

そして、各社デジタル一眼レフ2008春モデルのトレンドでもあるライブビューモニターを装備しています。
ライブビューモニターを用いた撮影は各社機能的に違いがあり、モニター自体が稼動するタイプが最良なのですが、このカメラは固定です。
このライブビューモニターでの撮影はコンデジや他社の同機能のようにアクティブには撮影できません。
コンデジと同じように液晶画面を見ながら簡単に撮影出来ると勘違いされそうな機能ですが、撮影完了までの流れは複雑(汗)

トレンドをとりあえず組み込んでみました 程度のオマケのような機能で、本格的なオート撮影には不向きなのです。
しかし三脚を用いたマニュアル撮影のときに、このカメラのライブビューモニター撮影が威力を最大限に発揮することがわかりました。
でも実際はそれほど多用する撮影方法ではなく、私の場合30秒撮影以外は99%以上「手持ちでパッシャ!」なので...
a0070118_1194141.jpg
銀塩カメラでは、EOS も所有していたので初Canonではないのですが、一応 マイノリティーなPENTAX党 の私としての基準はPENTAX.
a0070118_1194773.jpg
a0070118_1195221.jpg
a0070118_1195822.jpg
PENTAX のデジイチといいながら殆どマニュアルで撮影している関係で、Canon EOS Kiss X2 には軽いカルチャーショック、デジタルショック。

↑↑↑↑ ココまでの4枚は全て10歳に満たない Kids が撮影しています。 PC画面に映し出されたその写真を見てさらにショック!
誰でも簡単、キレイに!
という入門機でしたが、この Canon EOS Kiss X2 は、誰でも簡単、キレイに確実に! となったようです。
クルマなら電子制御のてんこ盛りで、「オレ、運転上手くなったかも!」と気持ち良く勘違いさせてくれそうなイメージです。
 
a0070118_11583875.jpg4枚の写真を再確認するとわかるのですが、すべて右方向にピントが合っています。
コレは左右に被写体がいる時などでも高精度なピント合わせが可能な、
高速・高精度9点オートフォーカスのお蔭で、さらに任意に9点から1つを選び設定することが出来、
この4枚は右方向にある3点のうち、いずれかの1点にピントが固定設定されて撮影された写真です。
私はマニュアルレンズなので、通常はピントポジションを決めてリングをグリグリなんですが、
このカメラは「ココに合わせましょう!」的なインフォメーションが出るのでかなり楽?
というよりも楽しい撮影になっちゃうのが不思議。
かなり正確なピント合わせが出来てしまうので使い込めばもっと楽しく撮影できるかも♪


誰がシャッターを押してもミスは少ないと思います。 自分が撮りたい写真がその希望通りのイメージでフラッシュメモリーへと記憶されていきます。
思い通りの画・・・コレ、私の中では結構大事なことなのですがこのカメラは正確にそれを再現してくれるようで、小さくて安いくせに凄い(汗) 
a0070118_1110663.jpg
さすがにアソビのカメラとはいえ、Kids に負けたくありません(大汗) 実際にシャッターを押せば・・・凄く簡単に楽しく撮影出来ちゃいます。
でも、オートフォーカスの任意設定のポイントを変えずに同じ設定だったので、悲しいかな大きな違いもない写真に(大泣)
しかしながら実際、この花の写真を撮影しながら Canon EOS Kiss X2 って凄いなぁ~と感心してました。

カメラに撮らされてる感があるのですが、それが上手に誘導されているのでまったく違和感なく、楽しく撮影できているのです。
この「楽しい」は実際このカメラで撮影してみないと伝わらないと思いますが、本当に良く出来たカメラだと思います。

ボディーの形状、そして重量はその質感を保つために重要な要素であり、ある程度の大きさと重量はデジイチに必要だと、
小さいデジイチから使い続けて、ようやくPENTAXでもK10Dのようなガッチリしたタイプがリリースされ「おっ、コレだよ!」なんて思いましたが、
ナイモノねだりなのか(汗)、クルマのように大きなボディーを手に入れると今度は、コンパクトで軽量なのがイイなぁ~なんて。。。

大きなサイズで重いボディーに対応できる人は少なくても、小さいサイズには殆どの人が対応出来てしまうのが人間です。
携帯電話も女性向けとして「リサイズ」したり、ネイルを意識したボタン形状だったりと多少の変更はありますが、
あのコンパクトなサイズを殆どの方が使えるわけで、コンデジもしかり!、デジイチもしかり!なのだと思います。
本格的に撮影したするプロやハイアマではない限り、アソビの範疇であれば軽量コンパクトが最良と実感♪
a0070118_11101226.jpg
この Canon EOS Kiss X2 の特徴はカタログベースで色々あるのですが、
私的にはCanon EOS では初となるSDカードの使用が可能となったポイントが1番だと思います、SDは何処でも入手可能ですからね。
価格的にも一番安価なSDカード、今後のCanon EOS シリーズは徐々にSDカードに移行していくようなので嬉しい限りです。
a0070118_11101788.jpg
もう1つの特徴は、3.0型TFT式カラー液晶モニターです。 デジタルカメラの命の1つでもある「確認」には大きいことは最大の武器ですから。
悔しいですが、確実に PENTAX よりも見やすく、激キレイです(涙)

デジイチも上には上があり、毎年スペックもテクノロジーですが、カメラはアソビ なので、コレで十分! いやいやコレでも贅沢って感じです。
a0070118_11102389.jpg
色の再現方法&作り方は各メーカーに特徴があり、レンズによってもその差は微妙に出て写真の奥深さを楽しませてくれますが、
私が撮影に使用するカメラの90%を占める PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4 のコンビとの撮り比べです。
単純に赤の出方が違いますね。 これはどちらが良いか悪いかではなく、どちらも特徴があり使い所を想像させてくれます。

普通に考えれば、KX2 (巷での短縮形)が最良なのですが、
それでも PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4 を手放すということにはならないのです。
リアルに写し出す KX2 に対して、
独特な色合いで表現してくれる PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena FLEKTOGON は同じカメラでありながら、微妙で絶妙に違うのです。

最新のモノに触れることで、クラシカルなモノの良さを再認識することは多いと思いますが、まさにソレです。
a0070118_11102983.jpg
Canon EOS の上位機をメインで、
この KX2 をサブに所有される方が増えているのが、激しく理解できるカメラの出来だと思います。

今現在、どのカメラがお勧めですか? と質問されたら、PENTAX党の私は、間違いなくこのカメラ・KX2をお勧めします。

クルマのように、もっとハイパフォーマンスで見栄えも良くて・・・とも思いますが、
アソビの実用域で使うとすれば、A3 Sportback 1.8 TFSI を Sトロニック(DSG)でウォンウォンと楽しみながらお買い物。。。
みたいな日常的な気軽さと、ノリで楽しめるような感じのデジイチ。
実用の中で軽量コンパクトがどれほど優れているか!をあらためて教えてくれるデジチです。

このカメラでメインターゲットである女性の裾野がさらに大きく広がると、いいなぁ~・・・なんて思いつつ、
男性とは感性そのものが違う女性が、このカメラで写し出す世界を早く見てみたいと。。。
[PR]
by ken-987 | 2008-05-25 11:15 | デジイチ
K2-DesignWorks *003
a0070118_18201674.jpg
                     PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4



定番オールスターのカスタム第3弾は第2弾同様に、CONVERSE ALL STAR HI O.WHITE
今回も漂白されたかのように眩しいホワイト仕上げのスニーカーを、前回以上に激しくハデ手派手に惜しげもなく加工を施します。

今回は、女性も履けるカスタムモノはないですか? へのアンサーBlog!
夏に向け何故か流行つつあるポイントケミカル系に合わせられる "PINK RED" で仕上げてあります。
女性&男性の垣根なくこのカラーはイケてると思います。
これは今までのように染め上げているのではなく、吹き付けの特殊な加工を施してあります、染めではないので内側は、O.WHITE そのままの色。

前回までの履き潰したダメージスタイルではなく、キレイに汚した CONVERSE ALL STAR で自然に汚れていく感じを楽しむのもイイかも♪
[PR]
by ken-987 | 2008-05-23 15:20 | K2-DesignWorks
Mercedes-benz AMG C63 
a0070118_2103613.jpg
昨年の東京モーターショーで実車と遭遇してから熱望していたMercedes-benz AMG C63の試乗の日がやってきました。
ハイパフォーマンスセダンと呼ばれている試乗といえば Lexus ISF 同様に何故か天候がよろしくないようで。。。
a0070118_2104112.jpg
世に散らばるBlogでお馴染みの品川ナンバーの試乗車でした。 既に8,000キロ走行でご苦労様です♪
a0070118_21052100.jpg
視界不良の中、走り慣れた一般道と高速と1時間ほどMercedes-benz AMG C63を楽しませていただきました。
翌日には、YANASE Celebration 2008なるイベントがあり、AMG全車試乗可能ということだったのですが、
白バイの多い一般道を20分程度の試乗ということだったので、折角ならということで悪天候の中を強引に走りまくりました。
シートは抜群にフィット、ステアリングを握ると全体的に頑丈そうと思え、エンジンをかければヤルキ満々のサウンド♪ 聞くまでもなく最高です。
でもけして枠を大きく飛び出すことはありません、優等生でヤンチャ坊主なMercedes-benz AMG C63 という感じです。
視界不良の中、かなりのスピードを出してヘビーなフロントが一瞬。。。はひゃ~と嫌な汗が出ましたが姿勢制御で何とか大丈夫でした。
a0070118_2105894.jpg
暑い季節には早くも装備の追加と価格改定があるようで、その内容はこのクルマに興味のある私としてはとても魅力的なものでした。
見積書を頂き、Boxster の下取車充当額を見ながら「へぇ~」と感心しつつ、ボディーカラーはカルサイトホワイトと1人妄想HENTAIタイム♪
a0070118_211388.jpg
翌日はカルサイトホワイトの車両の展示があるということで折角ですので、YANASE Celebration 2008 へお邪魔してみました。
a0070118_211910.jpg
これは18インチホイールですが、暑い頃には19インチも選べるようでデザイン的には甲乙付けがたいのですが、19の方がイイかも。
a0070118_2111959.jpg
展示車両を眺めながら気になる2台の4枚ドアのクルマを妄想。。。
前日にMercedes-benz AMG C63 に試乗したことで、同じ4枚ドア(笑)の Lexus ISF の良い点&悪い点が明確に見えてきました。
色々酷評されている Lexus ISF ですが、意外とTOYOTAも頑張っちゃったんだな~と感心しています。
a0070118_2112526.jpg
やっぱりNew C の基本デザインが好みのクルマだけに、私はどこを見ても&どこから眺めても、激しくエロく感じてしまいます(爆) 
Cのボディーにデカいエンジン。 小さい所に大きなモノを無理矢理押し込んだ的なノリが、結構ストライクなんですよね。
a0070118_2113072.jpg
                       PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4
[PR]
by ken-987 | 2008-05-22 21:01 | AMG
BOXSTER STYLE 062 Mac.
a0070118_20311628.jpg
                  PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4
a0070118_20314218.jpg
スニーカーと共に住み慣れた街に見慣れたマシン。。。
My Boxster かと数秒間、錯覚しましたがそれはハードトップを脱ぎ捨て、ステキにカスタマイズされたOさんのBoxsterでした。
a0070118_20314919.jpg
バランス良くカラーリングされたホイールに、おNewなマフラーエンド。 さらにはオメメもリングが乗っかりカラーリング♪
a0070118_20315938.jpg
こんな場所にMacを不思議発見!
MacなOさんは、S.I.S.の帰りにふらりと我が街に寄ったのが運の尽き(笑)、見事に私に鹵獲されてしまいました。
前回のツーリングは雪でビビり私はドタキャンしていたので、MacなOさんとは久々の再会♪ お元気そうで何よりです♪
a0070118_20321057.jpg
オメメが変わると印象もかなり変わりますね、今後の進化にも期待しています。
[PR]
by ken-987 | 2008-05-19 20:33 | B.STYLE
K2-DesignWorks *002
a0070118_1222663.jpg
                     PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4



定番オールスターのカスタム第2弾は、CONVERSE ALL STAR HI O.WHITE です。
漂白されたかのように眩しいホワイト仕上げのスニーカーを、惜しげもなく汚し加工を施します、トレードマークも徹底的に!
この履き潰したスタイルでラフに履くのが、CONVERSE ALL STAR らしくて何とも好みです♪
[PR]
by ken-987 | 2008-05-16 12:03 | K2-DesignWorks
K2-DesignWorks *001
a0070118_13425417.jpg
                     PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4



定番オールスターのカスタム。
コンバース・オールスターの派手なペイント加工もイイですが、個人的にはしっかりと染め上げての「汚し加工」がスキです。
カラーと仕上がりイメージを伝えれば、染師&デザイナーの力量と気分(コレ、特に大事!)で、ハンドメイドな1点モノが生み出されます。

"おNew" を預けるのは(ドキドキ)、仕上がりに約束事など一切ありません。 "偶然" という素晴らしさに期待して。。。
[PR]
by ken-987 | 2008-05-02 12:30 | K2-DesignWorks