From Boxer to Boxer 2
ken987.exblog.jp
SPECIAL LINK
★日常を語るDailyblog
excite_logo

★美写探求の旅 kenblog 別館
excite_logo

★ken photo blog
excite_logo

★クルマ名刺のOrder blog
excite_logo

★ワンコ名刺のOrder blog
excite_logo

★クルマ好きが集う告知blog
excite_logo
以前の記事
お気に入りブログ
++ feel like...
てっちゃんの部屋。。。
光と遊ぶ
A Happy-Go-L...
A Story of A
foto+ing
七転び八起き
広く浅く(= ̄ー ̄)? ...
momo's Photo...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
Verdammt !
哲学の道
V70 to XC70,...
Standard Plus+
ヤッホー観察日記
WONDER PORSCHE
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
フックラインが入らない
黒鯱
シュトゥットガルトへの道
GuitarとVOLVO...
純粋に走る
■□ 四角四面 □■
あほうもん
気ままな趣味の記録
ken's photo ...
ブランド大好きおじさん
VOLVO & 4WANZ
ちこたんのわがまま日記
今日は日曜@MINI&星...
戦闘的に走れ!
::: SCENES O...
ちこたんのホフク日記
Lovely days ...
エキブロ仲間への書込専用...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
石原真理子と メイちゃん...
Cayman Islands
横浜、ディズニー、ファミ...
Unforgettabl...
kicksの趣味BOX
世界的中南美團
Club HENTAX ...
真珠色の時間。
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
70's roman
あれやこれやex
One shot deal
微力ではあるが無力ではな...
\
じじいblog
HOPE's Photo
ヘボ庵
The enemy is...
★うさぎとかえる★
Koba's World
黄 色 夢
impressive
(b)ism
ぱ~る婦人の☆お散歩日記。
CAPRICIOUS T...
P様の日記
まったり
Walking wounded
おじんのPORSCHE ...
もっと楽しく走るボクスタ...
BOXSTER(ボクスタ...
White Board -♭
車バカ!!
Porsche 911T...
?日誌
300Cな生活
きのしたのおはじき
The turning ...
コロナと共に・・・。
ココロのキューピー♪
Menage Celiy
All things t...
せりかパパのボルボな休日
Porsche 996 ...
Cafe de Kei
Cafe de kei
脳みそのさんぽ
sweet life
ボクスター はじめました
マイノリティー
人生いろいろ ~男もいろ...
Twenty-four-...
Eternal journey
Cooking kei
my favorite...
サフランイエローな旅
マイライフ・カーライフ
Working on t...
Look at the ...
//
I'M NOT A BEAR
ウナツー & ガヤツー ...
J's VOICE
Boxsterと走る
瀬戸内ケイマン便り
ケイマンと共に
Flat & Straight
Driving Side...
Pick Yoursel...
a window
うめきちとVOLVOと軽...
"Re-Design"C...
My favorite ...
自然の中で
*hiro*の Stay...
HEAVEN
オシリ大好き~
aoi*log
Bird note
モーリシャスからの贈り物
湾岸 State of ...
人気ジャンル
<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
NON PORSCHE de TOURING ♯039 "蕎麦ツー"
a0070118_21445322.jpg
憂いの紫陽花を求め今回は、雨天中止 が基本のヨワヨワ&チキン調査員達が、奇跡的に豪雨の高速を安全運転で目的地へ向かいました。
とある方が合流するまでは、雨天制限速度をしっかりキープしていたのですが。。。隠居さん、速過ぎでつ(大汗)
それにしても北関東エリアは道もキレイ♪ トラック等の走行も極めて少なく雨でも走りやすく、quattro の恩恵を受けつつ気持ち良く走れました。
a0070118_21450100.jpg
幹事の隠居さん、Kazuさん、changeさん、ujさんの5台。 豪雨の中、事故もなく無事に楽しめました。 ありがとうございました。
a0070118_2145746.jpg
案内して頂いたのは、味のかくれ里・鎌倉 、食したのは三色天盛。 言葉を失うくらいに美味しいお蕎麦でした♪
久しぶりに美味しいお蕎麦を食べたような懐かしい感じが・・・ロケーション的にも紫陽花がとてもキレイな場所で、
この季節、緑がとても目に栄養をくれるようなくらいに、一味違う青みをしていました。
a0070118_21451444.jpg
お蕎麦の緑も目にもカラダにも優しそうです。
a0070118_21452126.jpg
雨のツーリング、一時はどうなるかと思いましたが、雨を眺めながら美味しいものを食べて、語って、のんびりと・・・意外と良いものです。
a0070118_21452773.jpg
蕎麦団子・・・甘さ控えめの不思議な味でした。
a0070118_2145357.jpg
一部、試乗会も行われましたが、さすがの豪雨に撮影&撮影訓練も雨量とは反比例の微量で終了!
帰路は渋滞もなく定刻通りに帰ることができました。 また次回も北関東ツーリングの時はよろしくお願いいたします。
a0070118_21454042.jpg
北関東のドン・隠居様より、全日本鰻時価調査連合・通称ウナツー へ調査依頼が・・・
調査依頼は初の事ですが、ujさんがしっかり調査依頼を引き受けたようですので、いつの日かしっかりと調査を行いたいと思います。

お初のkazuさんが、ウナギ店の独自調査データを大量に保有していることが発覚。。。う~ん、うかうかしてられませんね(汗)
[PR]
by ken-987 | 2008-06-29 22:14 | TOURING | Comments(20)
K2-DesignWorks *005
a0070118_10563092.jpg
First Hair Designers. それはとても居心地の良い場所。 安らぎのエネルギーをもらった分いつの日か、この場所へパワーの恩返しをしたいと。。。
a0070118_10563915.jpg
眠気を誘うクラシカルな照明と座り心地の良いそのシートは憩いの場であり、新たな友との出会いの場でもあります。
互いに歩んできた道は違えど、歩調・歩幅を合わせなくとも自然と同調する仲間が集う場所。
a0070118_10564762.jpg
Design. という名の集合体。 その手から生み出される唯一無二の作品には「魂」が、そして「チ・カ・ラ」が宿っています。

腹が減っては何とやら。
アクティブに「Design.道」を突き進む為に、先ずは「ウナエナジー」補給と行きたいところですが、まずは夜な夜なアルコールの街へ。
a0070118_10565597.jpg
草食系?肉食系? オーダーしたものは殆ど肉食系でした(汗)
アルコール満タンを繰り返す方々を横目に私はノンアルコール爆進♪ まさにECOカーのような気分です。
a0070118_1057280.jpg
仙台牛の野菜巻き。。。韓国海苔で軽く包み、わさび醤油で御口へ運べば、とろける仙台牛と野菜のシャキシャキの食感が絶妙にまっちんグー!
コレ、ヤバいぐらいにハマります。

飲んで・撮って・食べて・飲んで・撮って・食べて・・・全日本鰻時価調査連合、通称ウナツーの Virus を散布しつつ、
話は「うな」繋がりで名古屋「ひつまぶし」へ、若干1名の方が「ひつまぶし」に関してまったく異なる食べ物と認識していたことが発覚!
小さい頃に「これが、ひつまぶしだよ♪」と言われて別なモノを食べさせられたのでしょう(笑)
「お米を洗って!」と言われて洗剤で洗っちゃった人レベルの勘違いな「ひつまぶし」で、かなり笑えました。天然って恐ろしい。
a0070118_10571073.jpg
この日は記念すべき、「Hiro* デジイチデビュー」の日でもありました。

重い!

ファーストインプレッションが「重い!」 ・・・ PENTAX K100D 自体はさほど重くないデジイチなのですが、Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON が、
何気に重いですから。
携帯電話やコンデジでの撮影に馴れているカラダには、デジイチっは重いと感じるでしょうね。
a0070118_10571724.jpg
マニュアル撮影の面白さ、クラシックレンズの奥深さにハマってくれるといいなぁ~なんて思いつつ、
オートフォーカスでもないこのカメラでの「Hiro* ファーストショット」は、初めてながら流石デザイナーです、お見事!
男性には出せない女性ならではの感性に期待しつつ、時々デジイチを預けてみたくなる今日この頃でした。
[PR]
by ken-987 | 2008-06-27 08:31 | K2-DesignWorks | Comments(8)
BOXSTER STYLE 064 "The SILVER "
a0070118_12141951.jpg
SAMさんの「湾岸、空いてますよ♪」の有難いメッセージと、お台場写真に誘われて夜の談義を、Cafe La Boheme で開催しました。
男女の和やかなテーブルが並ぶ中、唯一Men's なテーブルからは何故かシャッター音が怪しく聞こえてきます(自爆)
さらにノートPCを広げて完全に仕事モード? 何の集まりだかわからなくなりそうで。。。
a0070118_12142957.jpg
SAMさんたちのプチオフを真似て、夜な夜な Oさんと"ダブルBoxster & SILVER"で暫し撮影訓練を行いました。

デジイチデビューを果たしていないOさんですが、ちゃっかり(笑)SDカードを持参して私のCanon EOS Kiss X2 で撮影されていました。
コンデジとデジイチ、それぞれに一長一短があるのですが上手に感染・潜伏・発病してくれることを願っています。

それにしてもこの場所は眩しい球体のテレビ局が激しく気になってしまって、クルマがメインなのに球体が・・・散々でした(汗)
a0070118_12143691.jpg
              PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4 & Canon EOS Kiss X2
[PR]
by ken-987 | 2008-06-26 12:00 | B.STYLE | Comments(12)
Happy QooPii SP Ver.


c0102524_18253690.jpg姉妹Blogで連載中だった「Happy QooPii」が休眠して1年間が経過(汗)

可愛いキューピーが盛り沢山の"PEEWEE"を初めて見たときの
感動を忘れないように、"真似"からスタートした「Happy QooPii」シリーズ。
"PEEWEE"の編集社の方からコメントを頂いた時は、
訴えられる?と、ドキドキもしましたが、温かい応援コメントに感激♪
それなのに休眠とは情けない限りなので、そろそろ目覚めようかと。。。

キューピーであってキューピーではない・・・
そしてPEEWEEであってPEEWEEではない・・・
この子達は、QooPii (クーピー)です♪
これからもよろしくお願いいたします!

a0070118_17321242.jpg
TOY撮影用の専用レンズなどはないのでいつもの相棒、PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4 です。
a0070118_17321754.jpg
a0070118_17322189.jpg
この辺りは初期の作品で、完全なる"PEEWEE"のコピーでしたね。
最近ではキューピー自体が物凄く増殖していてご当地キューピーからちょっとHなエロカワ・キューピーまで。。。
a0070118_17322640.jpg
a0070118_17323164.jpg
a0070118_17323651.jpg
                      PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4



さぁ~、新作を揃える為に、まずは妄想。。。ではなく、楽しい撮影でもしてきましょう! たまには被写体を代えて気分転換でも。

あ、この当時はキューピー人形片手に撮影していても、ギリ大丈夫でしたけど、最近は完全に通報されるので危険が危ないかも。。。
[PR]
by ken-987 | 2008-06-20 17:46 | TOY | Comments(26)
PORSCHE de TOURING ♯038 UNA2008-06
a0070118_1631588.jpg
本日は全日本鰻時価調査連合、通称ウナツーのミニ版・ぷちウナツー6月度・初調査の日。
雨予報に激しくビビりつつも現行調査員4名は、ポルシェとレンジの4台で調査地へ向かいます。
私はガソリン高騰にビビり、ガソリンを入れるのを忘れてしまう失態・・・かなり出遅れての参戦でした(大汗) う~ん、イケマセンネ。
a0070118_16311183.jpg
6月18日テレビ朝日系列の午後のニュース番組において、この調査店舗が取り上げられたということで予想GUYの大混雑!
テレビのチカラをあらためて知ることに・・・お店の中で出来上がるのを待つのは慣れているのですが、
店外で待たされるのは始めての経験でどうしていいのかわからず、ただ炭火焼きで立ち昇るウナギの香り付き煙を、男4人で浴びてました。
a0070118_16311694.jpg
はい、いつものです! お隣のテーブルに座る県内のウナギを食べ歩く?調査している?おじ様が話の輪に入ってきてしまい少々混乱しましたが、
いつものように待つのは1時間、食べるのは5分の早いのか?遅いのか?複雑な調査でしたが、
相変わらず美味しかったです。
a0070118_16312258.jpg
ウナエナジー補給で元気に泳ぐ??? オーナーさま(某neoさん・・・某の意味が・・・)が激しく&荒々しく元気な方だけに、
この危険なクラックが、「アレ」が泳いでいるに見えるのは私だけ???(核爆)
a0070118_16325053.jpg
復路は何故かneoさん号とランデブーでした・・・他の皆様は??それにしても激しいサウンドを奏でてましたね♪ GTRとは大違いです(笑)

ご一緒させていただきました、うな調査員の皆様ありがとうございました。 次回は遠征で!
[PR]
by ken-987 | 2008-06-19 15:30 | TOURING | Comments(10)
BOXSTER STYLE 063 "NISSAN GTR"
a0070118_20411578.jpg
ガソリン高騰!のように、うなぎも高騰!というわけではないのですが、最近ウナエナジーが完全に枯渇してしまった身体のリハビリに大黒へ。
梅雨もサヨナラ♪の晴天継続の今日この頃、オープン日和で気持ち良く走ることができました。
a0070118_20412211.jpg
さすが日曜日の大黒。 真っ赤なクルマのオフ会や、F様やら Audi S やら Lexus やら GT-Rやら AMGやら モーターショー日和。
とりわけ、この写真にある「メーカーに関係なく真っ赤なクルマ」が集結したオフ会が、女性率も高しでなんとも面白そうでした。
当時乗っていたWRC 同型の真っ赤なセリカも来ていたので、何だか懐かしくなっちゃいました(涙)
a0070118_20413058.jpg
こちらも負けてはいませんよ。。。深紅の花が咲き乱れるエロいクルマ(エロい方のクルマ?)をようやく撮影させていただきました。
a0070118_2041394.jpg
a0070118_2041467.jpg
a0070118_2041524.jpg
a0070118_20415913.jpg
撮影だけでも、ご馳走様だったのですが、オーナー様から試乗のお許しが。。。なんて男前なオーナー様なんでしょうか!

neoさん、厚かましくアザース!
a0070118_2042897.jpg
あーだ!こーだ!と、ujさんと一緒に超怒級のマシン・Nissan GTR を、シートに背中を押し付けながら激しく運転させていただきました。
かなり気持ち良く、かつ豪快に Co2 を吐き出させて頂きましたので、地球にゴメンナサイ & neoさん、ガソリン御免なさい。
a0070118_2042158.jpg
限りなく速いです。 スピード感のない不思議な超絶速さに圧巻の安定感と静粛性?。。。なんですか?この乗り味は???
メカニカルなエンジン音は聞こえるのですが響く程ではないです。。。過激な加速で気分も加速するのですが、
肝心のサウンドは。。。高揚するのをクルマが抑えてくれるような感じ。。。手に汗握らず無茶苦茶速いみたいな。。。
a0070118_20422296.jpg
瞬間的に気持ち良いスピード域まで出させて頂きましたが、ホント安定してます。。。車内は静かそのものです。 
予測ですが(笑)、免許が瞬時に数枚なくなるスピード域でも車内で会話が楽しめそうな安定性と静粛性です。

なんて2人で言いながら気がつけばクルマから降りて撮影してました(自爆)。。。帰りが遅いと心配メールが携帯に(大汗)
慌てて素晴らしいスピードで大黒へ戻りました。
a0070118_20422853.jpg
久しぶりに change さんとご対面、やっぱりこの Audi S8 は欲しいクルマです。 
change さんにもどうやらオープン病?Boxster-S病が発症したようで、とても幸せそうなお顔をしてらっしゃいました。
そろそろ北関東へのツーリングでもと次なる再会を約束。 neoさん、changeさん、有難う御座いました。  
a0070118_2042368.jpg
そしてujさん、kskさんと共に、まったく渋滞のないガラ隙の高速でカフェへ。
にこんな危険なトレーニング、所謂、撮影訓練はやってはイケマセン・・・あ、写真は合成写真です(笑) 撮影するなら停まってしましょう!
a0070118_20424626.jpg
トレーニングの基本はスクワットです! 皆さん、neoさんを見習いましょう! この激しく深いスクワットは只者ではありませんよ!
しかも、カメラを持ちながら!!! 何事にも全力のneoさんに惚れました♪
[PR]
by ken-987 | 2008-06-15 20:42 | B.STYLE | Comments(26)
PENTAX digiichi 素人論 ♯029 Canon EOS Kiss X2
a0070118_132333.jpg
digiichi 素人論 29回目♪
内容は私の素人論ですので、思い込み&間違った知識も豊富に含まれておりますので鵜呑みにせず適当に左へ受け流してください。

今回は、PENTAX LENS x Canon EOS Kiss X2

Canon EOS Kiss X2 のボディーは小型ながら選ぶなら、純正の Canon EF L SERIES なのですがレンズは財産でもあるので、
折角の財産、PENTAX LENS を最大限に活用しようと。。。
a0070118_132399.jpg
degiichi デビューを共にした戦友でもあり、このレンズがあるからこそ今の愉しいdegiichi life があると断言できる最高クラスのレンズ、
DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5Canon EOS Kiss X2 へと装着♪
a0070118_133338.jpg
PENTAX x DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5 ではこのような色合いで撮影できましたが、 Canon EOS Kiss X2 では如何に?
挿入した方も、された方も初の試みでしたので感想を聞いてみたいのですが、さすがに機械なので聞けませんが(汗)
その答えは、きっと独自の色合いで表現されると思いますので楽しみにしています。
a0070118_1324883.jpg
カメラメーカーごとにレンズとの接点にあたるマウント部分の形状が異なり、単純には他社マウントのレンズを装着することは出来ません。
基本的には専用のアダプターを装着して使用するわけですが、例え装着出来ても性能を100%引き出せないこともあります。
その厳しい状況の中、最も適したレンズを不思議発見♪
a0070118_1325667.jpg
そのレンズとは、マクロの王者と言われ、銘玉の誉れ高いタムロンレンズ(最近は使用頻度がかなり低下していますが(大汗)
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di * PENTAX Mount を装着して試撮しましたが、まったく問題なく使用できます。 
カメラメーカーが変わればレンズも再び購入? レンズ財産に縛られてカメラを入れ替えられない?
なんてことも少しは軽減されるかも。。。カメラボディーが違えど、レンズ財産が活かせるのは有難いです。 
[PR]
by ken-987 | 2008-06-12 12:02 | デジイチ | Comments(12)
IS-F 6 "Lexus IS-F Circuit Experience"
a0070118_15335947.jpg
neoさんのコソ練を偵察に早朝より出掛けたのですが、何処にもneoさんの姿はなく、サーキット自体、非常に寂しい場所で何だか悲しく。。。
よーくサーキットを見渡したらココはFUJIではなく、筑波でした。。。完全に方向を間違いました(大汗)
仕方がないので同日同場所で開催されていた Lexus IS-F Circuit Experience へ参加してきました。
確か購入した Best MOTORing 4 DVD でBMW M3 に Lexus ISF が散々虐められた場所もココだったような気が(大汗)
FUJI で開催のオーナー様が羨ましいですが、関東エリアの区分けで我がエリアはココ、筑波サーキットでの開催なのでした。
a0070118_1534459.jpg
左ハンドル仕様を含めと20台を超える Lexus IS-F がオフミのようにキレイに並んでます(笑)
一応全ボディーカラーはありましたが、シルバー系の2色は少なく、やはりイメージカラーであるエクシードブルーメタリックが大半を占めていましたが、
このボディーカラーは、私からはIMPREZA WRブルーにしかみえなくて、思わず懐かしさが・・・
a0070118_1534996.jpg
約40名を2グループに分け、このプログラムを消化していくわけですが、私が組まれたグループでは納車されている方は僅か3名。
納期が極端に短くなったようですが未だ少ない Lexus ISF。 出来る事なら希望しているボディーカラー「ホワイトパール」に乗りたいかも。
a0070118_17115631.jpg
サーキット走行の前にISF開発責任者である矢口幸彦さんとモータージャーナリスト岡崎五郎さんの懇談会、焦らしプレイを堪能します!
リミッターの話やEVOモデルの話。。。中々矢口さんが答えにくい質問もオーナー様から飛び出し苦笑の場面も。
私が惚れ込んでいるISFサウンドに関して矢口さん曰く、

「Lexus = 静粛、この技術があればこそ、イイ音だけを聞かせることが出来る」 

「速さは慣れてしまうけど、サウンドに飽きることはない。 良いサウンド、心地良いサウンドはいつまでも、何回でも聞きたくなるものです」

成る程(拍手)、確かにそれは一理あるかも!
私も数回試乗してこのISFサウンドは耳タコ状態になるぐらい聞いていますが、飽きていないのは事実です。

YAMAHA音響チームの絡みもあって、ISFサウンドは実際スピーカーから出ているでは? と疑いたくなっちゃいます(笑)
人それぞれの感じ方があると思いますが、演出としては本当に感心するぐらい私には心地良く聞こえます。
a0070118_15342192.jpg
焦らしプレイとISFテストドライバーさまの走行時の注意点を聞きつつ、いよいよサーキットへ♪
a0070118_15342626.jpg
一応ヘルメットも持参していたのですが、しっかりと用意されてました(自爆)
サーキットインからアウトまで、そしてケータリングも含め、隙のまったくない Lexus のサービスには同行してもらったwhitewild氏も感動。
a0070118_15343151.jpg
サーキット走行前の儀式。。。走る前に撮る!
a0070118_15343689.jpg
実際のイメージカラーであるエクシードブルーメタリックは写真とは異なり、かなりキレイなボディーカラーで撮影していると、
エクシードブルーメタリックでもアリかな?と軽く妄想。 でも実際に光の下で見るボディーカラーで素晴らしいのはブラックでした。
a0070118_15344188.jpg
面の造りはかなり好きです、のぺ~としていないソリッドな感じで反射も楽しめそうです。
a0070118_1534478.jpg
グリルの模様というかこのグリルは。。。変更できるのなら変更したい箇所No.1かも。
a0070118_15345251.jpg
基本デザインはかなり好きですね。 気になるのはノーマルのIS よりもミラーが小さくはなったとはいえ、アンバランスに大きいミラーに少しガックシ。
a0070118_1535465.jpg
ISFテストドライバー先生の後に続いて走行♪ 狭かろうが短かろうがサーキットに出てしまえばそれはもう楽しくて仕方がありません。
走行中は、ISFテストドライバー先生から無線で走りのアドバイスが入ります、「さぁ~思いっきり踏み込みましょう(笑)」
前が詰まろうが、後続に突かれ様がGG佐藤バリに・・・キ、キ、キモティイー!

唸る様なスピード域にはまったく到達出来ませんが程よく楽しんで走行、後席に同乗してもらっていたwhitewild氏に撮影してもらいました♪
a0070118_15351590.jpg
ウナツー走行写真訓練の成果を発揮すべく、デジイチ片手に サーキットを走りながら撮る!を実践!
a0070118_15352255.jpg
実践したのが「思いっきり行きましょう!」の最終周、撮影に気が逝ってしまいオーバースピードでこの後、悲惨な目に。。。まだまだ修行不足でした。
a0070118_153528100.jpg
後半は別グループの走行を見学し、最後はISFテストドライバーさんの運転で同乗体験試乗。
ISFでの筑波の走り方をレクチャー・・・っていまさら遅いですよ、こちらの走行前にそれやってくれないと(大汗)
a0070118_15353482.jpg
やっぱり古さを感じるサーキットですね、筑波は。。。
a0070118_15354057.jpg
ISF のブリッピングサウンドを心地良く鳴らす?にはコツがあるようで、矢口さんはヒントは教えてくれたのですが鳴るには鳴るのですが中々難しい。
日本車としてスペック的には凄いクルマなのですが、何だかベクトルが同系のクルマとは違うようで、
簡易的な楽しさを味わえる? 奥深さよりもダイレクト感のある感じというか、直ぐに楽しめちゃう容易さが魅力かも。
a0070118_15354721.jpg
さすがClub HENTAX! 撮り捲ります。
a0070118_1740581.jpg
美味しいケータリングで満腹になりつつ、
抽選会では何も当選しませんでしたが、最後にプロカメラマンによるサーキット走行写真とISF Racing Concept との写真のプレゼント。
サーキットで私が乗っていたのは、偶然にも希望しているホワイトパールでした。 

Lexus 関係者様、担当販売店様、担当SC様、開発関係者様、楽しい時間を有難う御座いました。 次回は FUJI でお願いいたします(笑)
[PR]
by ken-987 | 2008-06-10 12:30 | LEXUS | Comments(10)
K2-DesignWorks *004
a0070118_2234079.jpg
                     PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4



K2-DesignWorks・カスタムスニーカーの第4弾は、昨日完成した出来立てホヤホヤの納品直前作品のご紹介です。
第1弾エントリー時にご興味を頂き、ダイレクトにご連絡を頂きましたT様からのチャレンジオーダー作品。 
ターゲットは、CONVERSE ALL STAR HI O.WHITE  漂白されたかのように眩しいホワイト仕上げのスニーカーを、
「ノリノリで仕上げて欲しい!」というリクエストにお答えして、染め師が気分のままに惜しげもなく加工を施し、3週間掛けて製作しました。
a0070118_2229517.jpg
CONVERSE ALL STAR HI O.WHITE の漂白されたかのように眩しいホワイトが、どのような工程を経てこのカラーになるかは企業秘密、
その詳しい工程を聞けば、3週間の時間も納得。
画像ではその細かなディテールまでは伝えきれませんが、「染めて終わり」ではなく、ラインの書き足しや紐リング1つ1つのダメージ、
「え?こんなところまで?」の細部への拘り加工、さらに見事なアタリで染め技術の高さを強く感じます。
a0070118_22291265.jpg
今回は今までのサンプルや納品物にはない加工というか、手作業が加えられていて、筆を使用してのカラーの重ね塗りが入っています(拍手)
普通なら、染料はキレイに拭き取るのですが、そのままの自然を残す・・・けしてキレイに仕上げず、ラフな重ね塗りがポイント高し。
a0070118_22292022.jpg
ここまでは誰もリクエストはしていないのですが、デザイナーのノリとは恐ろしいもので、エンジン掛かっちゃったら誰にも止められません(大汗)
塗って、擦って、削って、塗って、塗って、削って、塗って、擦って、薄めて、塗って・・・終わりなき作業になっちゃうのが困るところです(汗)

さすがに、ココまでやらなくてもイイんじゃない!

結果、魂込めて作ります!の言葉通りの仕上がりにカンパイ♪ 
私の知り合いの方からのオーダーということで妙なプレッシャー?心地良いプレッシャーを与えていたようで、いつも以上に暴走したようで(爆)
以前に、「出来上がりは染師&デザイナーの力量と気分」と書きましたが、気分が70%以上占めていることに今回気づきました(汗)
量産品は寸分の狂いないものが出来上がりますが、こちらは仕上がりにかなりの差が出るのかもしれませんがそれがハンドメイド!

出来上がりを最終チェックして、あらためて「染め師&デザイナー」をダイスキになりました♪

全てが手作業の為、完成した作品は自分たちの分身でもあり、「手から離れる時は悲しい」と、染め師&デザイナーは言います。
送り届けられるその先で、喜びの笑顔が生まれることを楽しみにしています。
a0070118_22292928.jpg
私的にもこの作品は、これまでK2-DesignWorks が仕上げたどのカスタムスニーカーよりもMONOとしての仕上がりは最高レベル。
確かに手放すのは惜しい気も理解できます、大量生産品ならそんな気はまったく起きないのですが。。。

同じものは2度と作り上げることはできないところに大きなポイントがあり、履くことによりさらに独自の色合いが増していくカスタムスニーカー。

実際、履かずにリビングルームに飾っている方がいるようで、履かないと靴の意味をなさないのですが、大切にされるのも何だか嬉しいかも。
実際私もスニーカーをインテリアにして飾っている派なので。。。
[PR]
by ken-987 | 2008-06-06 22:29 | K2-DesignWorks | Comments(20)