From Boxer to Boxer 2
ken987.exblog.jp
SPECIAL LINK
★日常を語るDailyblog
excite_logo

★美写探求の旅 kenblog 別館
excite_logo

★ken photo blog
excite_logo

★クルマ名刺のOrder blog
excite_logo

★ワンコ名刺のOrder blog
excite_logo

★クルマ好きが集う告知blog
excite_logo
以前の記事
フォロー中のブログ
++ feel like...
てっちゃんの部屋。。。
光と遊ぶ
A Happy-Go-L...
A Story of A
foto+ing
七転び八起き
広く浅く(= ̄ー ̄)? ...
momo's Photo...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
Verdammt !
哲学の道
V70 to XC70,...
Standard Plus+
ヤッホー観察日記
WONDER PORSCHE
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
フックラインが入らない
黒鯱
シュトゥットガルトへの道
GuitarとVOLVO...
純粋に走る
■□ 四角四面 □■
あほうもん
気ままな趣味の記録
ken's photo ...
ブランド大好きおじさん
VOLVO & 4WANZ
ちこたんのわがまま日記
今日は日曜@MINI&星...
戦闘的に走れ!
::: SCENES O...
ちこたんのホフク日記
Lovely days ...
エキブロ仲間への書込専用...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
石原真理子と メイちゃん...
Cayman Islands
横浜、ディズニー、ファミ...
Unforgettabl...
kicksの趣味BOX
世界的中南美團
Club HENTAX ...
真珠色の時間。
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
70's roman
あれやこれやex
One shot deal
微力ではあるが無力ではな...
\
じじいblog
HOPE's Photo
ヘボ庵
The enemy is...
★うさぎとかえる★
Koba's World
黄 色 夢
impressive
(b)ism
ぱ~る婦人の☆お散歩日記。
CAPRICIOUS T...
P様の日記
まったり
Walking wounded
おじんのPORSCHE ...
もっと楽しく走るボクスタ...
BOXSTER(ボクスタ...
White Board -♭
車バカ!!
Porsche 911T...
?日誌
300Cな生活
きのしたのおはじき
The turning ...
コロナと共に・・・。
ココロのキューピー♪
Menage Celiy
All things t...
せりかパパのボルボな休日
Porsche 996 ...
Cafe de Kei
Cafe de kei
脳みそのさんぽ
sweet life
ボクスター はじめました
マイノリティー
人生いろいろ ~男もいろ...
Twenty-four-...
Eternal journey
Cooking kei
my favorite...
サフランイエローな旅
マイライフ・カーライフ
Working on t...
Look at the ...
//
I'M NOT A BEAR
ウナツー & ガヤツー ...
J's VOICE
Boxsterと走る
瀬戸内ケイマン便り
ケイマンと共に
Flat & Straight
Driving Side...
Pick Yoursel...
a window
うめきちとVOLVOと軽...
"Re-Design"C...
My favorite ...
自然の中で
*hiro*の Stay...
HEAVEN
オシリ大好き~
aoi*log
Bird note
モーリシャスからの贈り物
湾岸 State of ...
その他のジャンル
<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Alfa Romeo de TOURING ♯070
a0070118_16324482.jpg
贅沢極煙オフ2010、別名:煙痛2010(ケムツー)福岡忘年会2010 を楽しんできましたよ。
a0070118_16325159.jpg
休日の早朝便・・・天候にも恵まれた朝、広々したこの場所に立つ気持ち良さ。
a0070118_1633089.jpg
前方に20名、それ以外は誰もいない寂しい・・・いやいや、広々した空間を有難うございます。
今回は、雪景色を施した富士山を期待していたのですが、機長さんのアナウンスだと真上を通過しているとのことで、
残念・・・目の前に座っているC.A.にも残念(爆)、寂しくスカイタイムを飲んでいるうちに、あっちゅーまに目的地・福岡に到着!
a0070118_16463384.jpg
いつものようにtararisさんが、真っ赤なクルマでお出迎え♪ ありがとうございます。
a0070118_16331739.jpg
まず待望の福岡ランチのその場所は、
小倉にある「串打ち3年、裂き8年、焼きは一生・・・」鰻料理・田舎庵さん。
a0070118_1634382.jpg
光を求めて・・・落ち着いた店内でもカメラを手にすれば、落ち着いてはいられません。
うな重は「松竹」の2種、鰻の量が違うということで「松」を選択、お値段は2,700円。

勝手に「うなぎの山田」「300年の秘伝タレ」を「10」の味わい深さだとすると、
鰻料理・田舎庵さんの「究極のタレ」は「6」、濃くもなく薄くもない絶妙な味わいでした。
a0070118_16341212.jpg
ほどなくして、orinちゃん運転のAlfa Romeo 159 が、別便で福岡に到着していた11white 夫妻をピックアップし合流。
3時間余り、天国チックな空間でトークタイム。
でも、のんびりと「リラックスタイム」を楽しんではいられません。 今回は、初日にイキナリ「メインイベント発生!」なので。。。
a0070118_16341976.jpg
福岡で焼肉といえば多牛! 煙痛といえば多牛! 多牛といえば煙痛!
いつものことながら開店前から凄い行列です。
a0070118_16343279.jpg
何故かラムネにウーロン茶で乾杯♪
a0070118_16344140.jpg
オーダー数限定の上カルビ・・・これまでにこのお店には4回ほどお邪魔していますが、毎回美味しいのですが今回のお肉は特に激ウマでした。
そして多牛は美味さだけではなく、安さも素晴らしく、散々食べて1人2,200円♪
まぁ~アルコールを誰も呑んでいない事もありますが、それにしても激しく安いです。
a0070118_16345177.jpg
ボン・ファイヤーで煙痛!を楽しみにしていたのですが、何となく今回は煙も少なく落ち着いた雰囲気で。
a0070118_16351098.jpg
しかし、それでは面白くない!・・・ということでtararisさんが、火力アップの禁断の燃料・「上ホルモン」をオーダー♪
こんな炎は序の口で、火柱は龍のごとく・・・見事ホルモンパワー炸裂! 後にtararisさんのお腹にもホルモンパワーが炸裂するのですが、
この時点でtararisさんは、知るよしもありません。。。
a0070118_1635166.jpg
もしもの場合でも、しっかり消火器があるので安心して火柱を楽しめますね。
a0070118_16352578.jpg
カルビに負けないぐらいに、お肉の味を爆発させてくれた上ロース♪
tararisさんしか食べない上ホルモンは、完全にクロこげ状態でお役御免。。。

1次会である多牛・煙痛を終了させ、2次会の準備にデパ地下とコンビニを巡り。
a0070118_16353274.jpg
部屋着に着替えて2次会スタート♪ 4人が気持ち良く、ほろ酔いアルコールイン♪ 
a0070118_16354022.jpg
アルコールを補給しながら、何故か「記憶で描くお絵かきタイム」へ。

お題を各自出題し、1分で描く!というアソビ。

意外な才能、11white 夫妻。
才能開花、orinちゃん。
やっぱりダメ駄目、ken。
画伯の称号、tararisさん。

a0070118_16354723.jpg

キタコレ━━━━(゜∀゜)━━━ ━ッ!!

見事、他の追随を許すことなく、ぶっちぎりで画伯の称号を得たtararisさんの迷作の数々。

仮面ライダーは、ギリセーフのレベルですが、それも含めて大人が描いたとは思えない素晴らしい作品の数々。
この絵を見てお題が何だったのか?思い出すことは、かなり難しいですね。

楽しい時間を過ごしていると、1人ダウン、また1人ダウン、最後は11whiteさんと私だけ・・・朝の4時でした。
a0070118_16355545.jpg
夜に降っていた雨もあがり、気持の良い朝を向かえました。
クルマを走らせて到着したのは、スローフードレストラン久原本家 茅乃舎。
a0070118_1636348.jpg
tararisさんのblogで登場し、1度は行ってみたかった場所でもあります。
今回は折角なので、キューピーちゃんも一緒に茅乃舎さんへお邪魔してランチを楽しむことに。
a0070118_16361341.jpg
tararisさんのblogで、その素晴らしい雰囲気は十分に伝えて頂いていたのですが、
やっぱり自分の目で見てみると、これがまた抜群に素晴らしく、そして何とも懐かしく。。。
a0070118_16362396.jpg

a0070118_16363194.jpg
食べる前からワクワク♪
a0070118_16363859.jpg
a0070118_16364756.jpg
前日が鰻に焼肉でパワフルな1日、それに対してこの日は、優しい食事。。。「自然の恵み」を感じながら笑顔のランチタイム。
a0070118_16371122.jpg
a0070118_16371925.jpg
茅乃舎さんの味を家庭で。
a0070118_16372759.jpg
a0070118_16373658.jpg
食べて撮って楽しんで♪
この日も楽しいランチタイムでした。
a0070118_16374511.jpg
食後は何故か「ヤマダ電機」へ。。。

見事、サイバーショットDSC-WX5 ウイルスに感染された方が・・・1台お買いあげ♪
a0070118_16375283.jpg
2010 煙痛という名の福岡忘年会もついに、最後のお店「手打ち蕎麦 やぶ金」
a0070118_1638212.jpg
思わず撮影したくなってしまうこの雰囲気、迷惑なお店です(笑)
a0070118_16381198.jpg


a0070118_16382021.jpg
11white さんの前夜から継続のリアルplus W108 Restoration biography.
a0070118_16382781.jpg
あっちゅーまの2日間、今年も120%満喫しました。
tararisさん、orinちゃん、お世話になりました&運転ご苦労様でした。
& 11white 夫妻、楽しい時間を有難う御座いました。なんだかこの幸せな流れで2011年を迎えられそうです♪



Photo : Cyber-shot DSC-WX5
[PR]
by ken-987 | 2010-12-21 16:39 | TOURING
B.STYLE 147 BMW 335i Coupe
a0070118_1712490.jpg




Photo : Cyber-shot DSC-WX5
[PR]
by ken-987 | 2010-12-18 17:03 | BMW
B.STYLE 146 Mercedes-Benz
a0070118_1734397.jpg

全開カブリオレッ!!

な、気分だった某日。11white さんがマイスターのファクトリーに参いられるということで
「行く?」、「行く!行く!」の即決ダッシュ!で、クーペからカブリオレに乗換え、念願のファクトリーへ♪ 

a0070118_1735365.jpg
実は、11white さんのplus W108 Restoration biography. に感染してしまい、私もついに禁断の世界の扉を開けてしまう事に。。。

なんてことは残念ながらないのですが、新たな世界の扉を開けた11white さんを祝福しつつも、何故?何んで?の答えを確認するために。。。

「語る前に、まずホンモノを見てください!」

確かにその通り・・・まずは五感で感じます!
a0070118_174467.jpg
な、なんか凄いです。

ちなみに、新品の羽を装着しているのが11white さんの愛車のエンジン♪
この日、本体は見ることが出来ず、エンジンのみでした。 リアルな1/1モデルを作り上げているなぁ~って感じで。
a0070118_1741245.jpg
断然クーペスタイルが、かっちょいい!のですが、何故セダンスタイルを選んだのか? このポイントも気になっていました。
a0070118_1742287.jpg
「不思議なんですが、どのクルマも同じ匂いが・・・」

確かに、どのクルマも室内の匂いは同一の何ともいえない不思議な匂いが漂っています。。。
a0070118_1743464.jpg
この車両は、フルレストアして約6、7年経過しているようですが、雰囲気アリアリ。
フルレストアしたとしても経年劣化は当然のようにあるので、その都度・・・クルマとの長い付き合い・・・何とも楽しそうです♪
a0070118_1744476.jpg
主治医:マイスターのお話を聞く時間も頂きました。 お話を伺いながら何故11white さんが全てをお任せしているのか?を理解することができました。
a0070118_1745261.jpg
「百聞は一見にしかず」の後は、直接本人から「何故?何で?」の答えを詳しくお聞きしましたが、
さすがに一言で済まされるような答えではなく、燃えている11white さんの話はエンドレスに。。。
結局、延長戦でも決着つかず再試合ということで、年末に再び。。。

そんな楽しそうにネットや写真、資料まで持ち出して話を聞かせてくれる11white さんを見ながら、

「喜びの時間に投資する! その選択にカンパイ♪...by orin* 」

って感じ。

クルマとの出会いも大事ですが、人(主治医:マイスター)との出会いの大事さも、あらためて感じさせてくれる貴重な1日でした。



Photo : Cyber-shot DSC-WX5
[PR]
by ken-987 | 2010-12-17 17:04 | B.STYLE
B.STYLE 145 BMW 335i Coupe / Access Meguro
a0070118_1616218.jpg
BMW 335i 先輩のsunsungoさんとご一緒した際に、定番中の定番ですがオメメをチェンジしましょう&そーしましょう♪
と、sunsungoさんの主治医の元へ・・・

BMW Alcon 担当の藤原さん曰く、「日食をイメージしてて、私は純正が好きです」
成る程、それなら暫く純正のオメメで! という流れで早々のチェンジ予定はなかったのですが、まぁ~勢いと軽いイメチェンということで。
a0070118_16163139.jpg
これからは、ココが主治医?アクセス目黒店です。平日なのに次から次へと入庫車が・・・メチャ混み(汗)
a0070118_16163936.jpg
さすがBMW カスタムショップ、入庫台数及び作業数がハンパではないので作業がスムーズかつ安心です。
a0070118_16164997.jpg
定番中の定番ですが、祝・ホワイトリングに交換致しました。最新が最良というアクセス店長様のお勧めで、配光重視型であるPIAAを装着です。
a0070118_1617219.jpg
D.I.Y.でも出来そうですがかなり狭い場所なので、間違いのないプロにお任せするのが一番。
a0070118_16171719.jpg
純正もいいですが、やっぱりホワイトリングがいいですね。 配光もバッチリです。
a0070118_1617960.jpg
主治医の証もしっかり施工して頂きました。
あまり車体にステッカーは貼りたくないのですが、同色系ステッカーで「さりげなく」。
[PR]
by ken-987 | 2010-12-08 16:35 | BMW
BMW de TOURING ♯069 鬼怒川渓谷 / 離れの湯あけび
a0070118_17184141.jpg
隠れ家的に思われていたこの場所もテレビ番組で紹介されたようで、それ以降予約をすることも一苦労な場所に(汗)
a0070118_17185351.jpg
平日ならば!と再び、鬼怒川渓谷 / 離れの湯あけび に訪れてみました。
この場所までの道のりでは紅葉真っ盛りでしたが、この場所はまだまだ先のようで、種類的にこのまま紅葉もなく散ってしまう気もします。
a0070118_17191878.jpg
古民家風ラウンジ「風待ち亭」ではアルコールやソフトドリンクの他に、鬼怒川銘菓「ふる里のあけび」も用意されているようです。
入浴後の再び訪れたい場所。
a0070118_17192955.jpg
手続きを済ませ個室貸切露天風呂へ向かいます。 本日は4時間の利用で、「参」山の湯処へ。
a0070118_17193967.jpg
足湯「風流」...少し早く到着しても予約までの時間は、足元の疲れを「風流」でのんびりと過ごすことも...
a0070118_17195719.jpg
渓谷沿い個室貸切露天風呂「離れの湯」が十の湯処として用意されています。
予約の場所まで、ゆっくりと景観を楽しみながら・・・この自然な雰囲気がダイスキです。
a0070118_17202172.jpg
予約をした「参」山の湯処に到着です。
a0070118_17203298.jpg
誰にも邪魔されることのない空間と時間が扉の向こうにあります。
a0070118_17205790.jpg
床暖房から音楽プレイヤーまで揃って持ち込みも出来る自由空間。
a0070118_1721872.jpg
木造りと石造りのふたつの露天風呂。
なによりも渓谷を眺めながらの露天風呂は最高の贅沢。 ライトアップされた時間にもお邪魔したことがありますが、
個人的には渓谷を眺めながら、露天風呂を楽しめるこの日の時間が好きです。
(ロールスクリーンも用意されていて、渓谷側と露天風呂を仕切ることも出来ます)
a0070118_17211798.jpg
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉(弱アルカリ性拡張性温泉) だそうです。
a0070118_17212741.jpg
個室貸切露天風呂「離れの湯」から風待ち亭へ。 冷えたビールとソフトドリンクでカンパイ! 最高に美味いです。
a0070118_17213923.jpg
2枚目の写真からの流れだと、のれんをくぐれば直ぐに・・・という感じですが、
実は駐車場にある最初の「のれん」から石段を下がり2つぐらい門をくぐり抜けて到着する感じです。
最初の「のれん」から自然の雰囲気をゆっくりと堪能しながら、風待ち亭に到着するイメージ。
帰路はその逆で温まったカラダで、ゆっくりと雰囲気の異なる「登りの景観」を楽しみながら。。。
a0070118_17215116.jpg
最高に気持ちの良い時間でした。
贅沢を言えばこのまま温まったカラダのまま、即寝したいのですが、現実的にはクルマの運転が。。。

鬼怒川渓谷 / 離れの湯あけび様、次回も宜しくお願いいたします。



Photo : Cyber-shot DSC-WX5
[PR]
by ken-987 | 2010-12-02 16:35 | TOURING