From Boxer to Boxer 2
ken987.exblog.jp
SPECIAL LINK
★日常を語るDailyblog
excite_logo

★美写探求の旅 kenblog 別館
excite_logo

★ken photo blog
excite_logo

★クルマ名刺のOrder blog
excite_logo

★ワンコ名刺のOrder blog
excite_logo

★クルマ好きが集う告知blog
excite_logo
以前の記事
フォロー中のブログ
++ feel like...
てっちゃんの部屋。。。
光と遊ぶ
A Happy-Go-L...
A Story of A
foto+ing
七転び八起き
広く浅く(= ̄ー ̄)? ...
momo's Photo...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
Verdammt !
哲学の道
V70 to XC70,...
Standard Plus+
ヤッホー観察日記
WONDER PORSCHE
今日できることは明日に延ばして
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
フックラインが入らない
黒鯱
シュトゥットガルトへの道
GuitarとVOLVO...
純粋に走る
■□ 四角四面 □■
あほうもん
気ままな趣味の記録
ken's photo ...
ブランド大好きおじさん
VOLVO & 4WANZ
ちこたんのわがまま日記
今日は日曜@MINI&星...
戦闘的に走れ!
::: SCENES O...
ちこたんのホフク日記
Lovely days ...
エキブロ仲間への書込専用...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
熟年おやじのボクスター
風 を 感 じ て
石原真理子と メイちゃん...
Cayman Islands
横浜、ディズニー、ファミ...
Unforgettabl...
kicksの趣味BOX
世界的中南美團
Club HENTAX ...
真珠色の時間。
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
70's roman
あれやこれやex
One shot deal
微力ではあるが無力ではな...
\
じじいblog
HOPE's Photo
ヘボ庵
The enemy is...
★うさぎとかえる★
Koba's World
黄 色 夢
impressive
(b)ism
ぱ~る婦人の☆お散歩日記。
CAPRICIOUS T...
P様の日記
まったり
Walking wounded
おじんのPORSCHE ...
もっと楽しく走るボクスタ...
BOXSTER(ボクスタ...
White Board -♭
車バカ!!
Porsche 911T...
?日誌
300Cな生活
きのしたのおはじき
The turning ...
コロナと共に・・・。
ココロのキューピー♪
Menage Celiy
All things t...
せりかパパのボルボな休日
Porsche 996 ...
Cafe de Kei
Cafe de kei
脳みそのさんぽ
sweet life
ボクスター はじめました
マイノリティー
人生いろいろ ~男もいろ...
Twenty-four-...
Eternal journey
Cooking kei
my favorite...
サフランイエローな旅
マイライフ・カーライフ
Working on t...
Look at the ...
//
I'M NOT A BEAR
ウナツー & ガヤツー ...
J's VOICE
Boxsterと走る
瀬戸内ケイマン便り
ケイマンと共に
Flat & Straight
Driving Side...
Pick Yoursel...
a window
うめきちとVOLVOと軽...
"Re-Design"C...
My favorite ...
自然の中で
*hiro*の Stay...
HEAVEN
オシリ大好き~
aoi*log
Bird note
モーリシャスからの贈り物
湾岸 State of ...
その他のジャンル
<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Feel your beauty 022 "Cyber-shot WX5 背景ぼかしモード"
a0070118_10302439.jpg



Photo : Cyber-shot DSC-WX5
[PR]
by ken-987 | 2011-03-22 10:32 | BEAUTY
digiichi 素人論 ♯038 "Cyber-shot DSC-WX7/ WX5 "
久しぶりの digiich 素人論は、38回目♪
内容はあくまでも私個人の素人論ですので、思い込み&間違った知識も含まれていますので鵜呑みにせず適当に読み流してください。

今回は、digiichi ではなくコンデジワールド、「世界の逆襲・SONY Cyber-shot DSC-WX7/ WX5 」についてのお話です。
a0070118_1312466.jpg
2010年秋、各メーカーから販売されているコンデジ最新機種を店頭で撮り比べ、PC上で確認して自分好みの色表現をしているコンデジを選んだ結果、
色表現が好きで長年愛用してきた「Canon IXY シリーズ」を退かせた、世界のSONY(笑)「Cyber-shot DSC-WX5」。
当Blogでも「B.STYLE 135 Cyber-shot DSC-WX5」で「世界の逆襲」と題して紹介しましたが、「逆襲」に相応しく現在も大活躍をしてくれています。

嬉しいことに、そのコンパクトなサイズと色表現、TOYカメラ的アソビ要素が伝わり、Cyber-shot DSC-WX5 が感染拡大しているようです。
a0070118_1312116.jpg
そんな愛機「Cyber-shot DSC-WX5」も悲しいかなコンデジサイクルからは、早くも旧型に。。。
半年というサイクルルールで、2011年2月には新型が堂々ラインナップ・・・
a0070118_1312188.jpg
コンデジの場合は、マイナーチェンジではなく、ビックマイナーチェンジ?

愛機:Cyber-shot DSC-WX5の後継機は、Cyber-shot DSC-WX7 だと思われている方もいるかもしれませんが、
リアルには、同じ「Gレンズ」を搭載しているCyber-shot DSC-WX10 になると思います。
a0070118_13122585.jpg
2機種の並べ撮りは、同じ「Gレンズ」搭載機では面白くないので今回は、派生モデルとして誕生し、
SONY カメラシリーズでお馴染みの Carl Zeiss レンズを搭載した「Cyber-shot DSC-WX7」と比較してみました。

ボディーカラーは当然違いますが、このブルーはとてもキレイで少しパープルが混ざった感じの魅力的なボディーカラーです。
a0070118_13123154.jpg
寸法・質量は、91.7×51.9×21.5mm 146g のWX5に対して、最新のWX7は92.2×51.9×19.1mm 120g ・・・
縦横はコンデジの性質上これ以上削れないので、差別化は「厚さ」と「質量」

WX5 からは、かなりの薄型ボディーとなり、26g も軽くなりました。
軽さは大歓迎ながら、「薄さ」は撮影時のホールドに大きな影響を与えるので、許容範囲ギリギリの薄さに感じます・・・男性の手として。

この「厚さ」の比較写真だと、購入時に「薄い」と感じたWX5 がかなり分厚いなぁ~と錯覚してしまいますが、
コンデジでは経験則上、適度な厚さも必要。
両手でホールドして撮影する場合にも適度な厚さが持ちやすく、机に置いて撮影する場合も揺れや風に強いのは、程よい厚みを持つコンデジ。
総合的に、あらゆる撮影シーンでどちらが撮影しやすいか?と問われれば、WX5 と答えます。
a0070118_13123977.jpg
光学5倍ズーム対応のカールツァイス「バリオ・テッサー」レンズを搭載。 薄いパープルカラーが何ともキレイです。
a0070118_13124577.jpg
ソニーGレンズとカールツァイス「バリオ・テッサー」レンズ。。。その違い、私にはロゴの違いしかわかりません(汗)

レンズの機能に関係ありませんが、このレンズの筒状箇所が見事なパープルカラーに塗られていて、とてもキレイです。
この辺りのデザインというかカラーへの配慮が、所有感をグッと上げますね。
a0070118_13125217.jpg
肝心の液晶画面と操作パネルの背面デザイン。
液晶画面に殆ど違いは見つけまれませんが、操作パネル関係は今回からスライド式ボタンが新設されています。
a0070118_1313082.jpg
正直、操作パネル・操作系というものは、慣れれば問題なくなるものなのですが、
手のサイズに起因する「手に馴染む扱いやすさ」は、簡単にクリアーすることは出来ません。

WX5 においては、撮影スタイルを選ぶジョグダイヤルは問題ないのですが、その下にある円形の操作パネルが、私の手サイズには曲者。
「決定」の操作となる円形の中心部を押す操作が、その部分があまりに小さく反応がシビアなので、毎回押し間違いを誘発。
未だに押し間違いをしてしまいます。

WX7 方式のボタン配列なら、WX5 よりも操作性は向上しているかと思います。 ただ慣れるまで時間を要しますが。。。
a0070118_1313753.jpg
派生モデルとはいえ、同等のカタログスペックではセールスにはならないのか、当然のように「総画素数」を上げてきています。

WX5 = 1280万画素
WX7 = 1620万画素


量販店に行けば確実にスタッフは、大きくアップした1620万画素を1番にアピールするでしょう。
「340万画素」も向上しているのだから、「進化」はストレートに伝わりやすいのですが、実際に本当なのでしょうか?
セールストークである「カタログスペック」は、まず疑ってみましょう!

画素数神話

「画素数が大きければ、凄い!!」的な認識は少なくありません。。。

フルサイズデジタル一眼カメラの1200万画素と、コンパクトデジタルカメラの1620万画素を比較した場合、
大リーグとリトルリーグぐらいの土俵違いなのに、当然のように1620万画素のコンパクトデジタルカメラの方が、凄くてキレイに撮影できる!
と勘違いしている人は、現実にいます。 その存在が悪いのではなく、勘違いするように宣伝されているのが現実です。

同じコンデジという土俵でも、何事にも上限はあるはずで・・・

コンデジの撮像素子(イメージセンサー)は極めて小さな面積でもあるので、無理やり画素数を押し込めてしまうとノイズというマイナスも。
WX7 がそれに相当しているかは、使い倒さないとわかりませんが、撮像素子が無理をしていないことを祈ります。

コンデジの撮像素子(イメージセンサー)の最良画素数がいくつなのか? これはわかりませんが、
進化だと信じ込ませる絶対的セールストークとなった「画素数」は、個人的にあまり好ましく思いません。
a0070118_13131366.jpg
ホールド感でWX5 が優位、デザインと操作性では、WX7がやや優位・・・という感じで、
個人レベルの判断では、この派生モデルである WX7 は、WX5 から買い換えるほどのレベルではありません。

個人的なWX7 最大のマイナスポイントは、充電器が付属されていないこと。
本体に直接、コードを繋げて充電するタイプに変わりました。 どちらが楽かと聞かれれば人それぞれなのですが、
「充電器で充電しながら、予備バッテリーで撮影する」といういつものスタイルは、可能ではありません。
小さなことかもしれませんが、頻繁に行なわれる充電方法は小さいようで、小さくないかもしれません。

しかし、Cyber-shot の色合いと、TOYカメラ的アソビココロに惹かれて、
これからCyber-shot を初めて購入する場合、このWX7 はとても魅力ある1台だと思います。

でも・・・

コンデジに何を求めるか?は個人個人で違うと思いますが、正確無比なデジイチとは違うアソビココロも大事なポイントで、
好みの色表現と合わせて現在、WX5 は最良の結果を残してくれるコンデジの1台であることには間違いありません。

旧モデルとなったWX5 は価格も残り在庫薄ではあるものの、狙えば15000~16000円なので、かなりお買い得かも。






Photo : PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4
[PR]
by ken-987 | 2011-03-07 13:13 | デジイチ
B.STYLE 152 Cyber-shot DSC-WX7 / Carl Zeiss
a0070118_20122499.jpg
a0070118_20301810.jpg
a0070118_20281778.jpg




Photo : PENTAX K100D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f 2.4
[PR]
by ken-987 | 2011-03-02 20:12 | B.STYLE